Intel Xeon X3480(インテル キセオン X3480)の特徴と性能について

このレビューでは、Intel Xeon X3480(インテル キセオン X3480)プロセッサの仕様と性能について詳しく説明します。X3480は、Intelのサーバー向けプロセッサの中でも高性能なモデルであり、多くのユーザーにとって魅力的な選択肢となっています。

Xeon X3480の仕様を見てみると、このプロセッサはベースクロック2.93GHz、最大ターボブースト3.6GHz、4コア8スレッドを持っています。これにより、高速なマルチスレッド処理が可能であり、応答性とパフォーマンスの向上が期待できます。

また、ベンチマークテストにおいてもX3480は優れた結果を示しています。多くのユーザーから高い評価を受けており、そのパフォーマンスの高さが実証されています。さらに、X3480のリリース日は2010年5月24日であり、現在でも広く利用されています。

Xeon X3480は、LGA1156ソケットを使用しており、対応するマザーボードを選ぶ必要があります。また、メモリの面でも注意が必要です。X3480はDDR3-1333までのRAMをサポートしており、十分な性能を発揮するためには適切なRAMを選ぶことが重要です。

さらに、Xeon X3480のTDPは95Wです。これは消費電力が比較的高いことを示しており、冷却システムの選択にも注意が必要です。効率的な冷却システムを使用することで、パフォーマンスを最大限に引き出すことができます。

Intel Xeon X3480(インテル キセオン X3480)は、高性能なサーバープロセッサの一つであり、多くのユーザーにとって魅力的な選択肢です。その仕様や性能を詳しく調査することで、最適なマザーボードやRAMの選択、効率的な冷却システムの導入など、より良いシステム構築が可能になります。

目次
  1. インテル キセオン X3480の特徴と性能について
  2. レビュー
  3. 仕様
  4. ベンチマーク
  5. リリース日
  6. ソケット
  7. マザーボード
  8. RAM
  9. TDP
  10. インテル キセオン X3480とは
  11. まとめ
  12. インテル キセオン X3480の仕様
  13. レビュー
  14. 仕様
  15. ベンチマーク
  16. マザーボード
  17. インテル キセオン X3480の性能
  18. レビュー
  19. 仕様
  20. ベンチマーク
  21. リリース日
  22. マザーボード
  23. RAM
  24. TDP
  25. インテル キセオン X3480の利点
  26. 1. パフォーマンスのレビュー
  27. 2. 実行時間の仕様
  28. 3. ベンチマークテストの結果
  29. 4. リリース日
  30. 5. ソケットとマザーボードの互換性
  31. 6. RAMのサポート
  32. 7. TDP(熱設計電力)
  33. インテル キセオン X3480の用途
  34. サーバーレビューとベンチマーク
  35. 仕様とリリース日
  36. ソケットとマザーボード
  37. RAMとTDP
  38. 質問への回答
  39. Intel Xeon X3480の主な特徴は何ですか?
  40. Intel Xeon X3480のクロック速度はどれくらいですか?
  41. Intel Xeon X3480はどのようなタスクに適していますか?
  42. Intel Xeon X3480の消費電力はどれくらいですか?
  43. Intel Xeon X3480はどの世代のプロセッサですか?
  44. Intel Xeon X3480はオーバークロック可能ですか?
  45. Intel Xeon X3480と他のプロセッサとの比較での性能はどうですか?
  46. Intel Xeon X3480を搭載したシステムの価格はどれくらいですか?
  47. Intel Xeon X3480の価格はいくらですか?
  48. Intel Xeon X3480はどのような用途に適していますか?
  49. Intel Xeon X3480のクロック速度はどれくらいですか?
  50. Intel Xeon X3480のコア数はいくつですか?
  51. Intel Xeon X3480の消費電力はどれくらいですか?

インテル キセオン X3480の特徴と性能について

レビュー

インテル キセオン X3480は、インテルが開発したハイエンドのサーバープロセッサです。多くのレビューでは、その優れた性能が評価されています。

仕様

キセオン X3480は、2.93 GHzのクロック速度を持ち、4つのコアと8つのスレッドを備えています。これにより、マルチスレッドアプリケーションの実行が効率的に行えます。

ベンチマーク

キセオン X3480のベンチマーク結果は非常に優れており、他のサーバープロセッサと比較しても高いパフォーマンスを発揮します。特に、マルチスレッドのワークロードでの性能が優れていると評価されています。

リリース日

インテル キセオン X3480は、2010年5月に発売されました。

ソケット

キセオン X3480は、LGA 1156ソケットに対応しています。このソケットは、マザーボードとの互換性について注意が必要です。

マザーボード

キセオン X3480の搭載には、LGA 1156ソケットをサポートするマザーボードが必要です。適切なマザーボードを選ぶことで、最大のパフォーマンスを発揮することができます。

RAM

キセオン X3480は、DDR3 RAMをサポートしています。最大16GBまでのRAMを搭載することができます。

TDP

キセオン X3480のTDP(熱設計電力)は、95Wです。この低いTDPにより、エネルギー効率の高い運用が可能です。

インテル キセオン X3480とは

インテル キセオン X3480は、インテルが開発したハイエンドのデスクトップ向けプロセッサです。このプロセッサは、レビュー、仕様、ベンチマークなどの面から大きな関心を集めています。

インテル キセオン X3480の仕様については以下の通りです:

  • リリース日:2010年3月29日
  • ソケット:LGA 1156
  • コア数:4
  • スレッド数:8
  • クロック速度:3.06 GHz
  • ターボブースト:あり
  • TDP(単位:ワット):95W

インテル キセオン X3480は、LGA 1156ソケットを使用するため、対応するマザーボードを選ぶ必要があります。さらに、このプロセッサはDDR3 RAMをサポートしており、高速なメモリアクセスを可能にします。

性能面では、インテル キセオン X3480はハイエンドのデスクトップパフォーマンスを提供しています。ベンチマークテストにおいても高いスコアを叩き出し、重いタスクやマルチスレッドのアプリケーションにも対応しています。

インテル キセオン X3480は、その高い性能と信頼性により、ゲーム、動画編集、3Dレンダリングなどのエンターテイメント分野だけでなく、ビジネスやサーバーなどのプロフェッショナルな用途でも活躍することができます。

まとめ

インテル キセオン X3480は、ハイエンドのデスクトップ向けに開発されたプロセッサであり、高い性能と信頼性を提供します。その仕様やベンチマーク結果を考慮しながら、適切なマザーボードやRAMを選ぶことで、より効率的なパフォーマンスを実現することができます。

インテル キセオン X3480の仕様

レビュー

Intel Xeon X3480についてのレビューは非常に好評であり、その性能と信頼性について高い評価を受けています。

仕様

  • リリース日: 2010年3月
  • ソケット: LGA 1156
  • コア数: 4
  • スレッド数: 8
  • ベースクロック: 3.06GHz
  • Max Turbo Frequency: 3.73GHz
  • キャッシュ: 8MB SmartCache
  • メモリー: DDR3-1066/1333
  • TDP: 95W

ベンチマーク

Intel Xeon X3480は、マルチスレッドでの処理性能において優れた結果を示しています。さまざまなベンチマークテストにおいて、その高速なパフォーマンスが確認されています。

マザーボード

Intel Xeon X3480はLGA 1156ソケットに対応しており、互換性のあるマザーボードに搭載することができます。これにより、さまざまなオプションを選択してシステムを構築することができます。

インテル キセオン X3480の性能

インテル キセオン X3480は、クアッドコアのプロセッサであり、高性能な処理能力を持っています。以下では、このプロセッサの性能について説明します。

レビュー

インテル キセオン X3480は、多くのレビューサイトで高い評価を受けています。ユーザーからはその処理能力と信頼性が高く評価されています。

仕様

  • コア数:4コア
  • スレッド数:8スレッド
  • ベースクロック:3.06 GHz
  • 最大クロック:3.73 GHz
  • キャッシュメモリ:8 MB
  • メモリタイプ:DDR3-1066/1333
  • TDP(熱設計電力):95 W
  • ソケット:LGA1156

ベンチマーク

インテル キセオン X3480のベンチマーク結果は非常に優れています。このプロセッサは、マルチスレッドの処理においても高いパフォーマンスを発揮します。

リリース日

インテル キセオン X3480は、2010年5月にリリースされました。

マザーボード

インテル キセオン X3480は、LGA1156ソケットを使用するマザーボードに対応しています。多くのマザーボードメーカーがこのプロセッサに対応した製品を提供しています。

RAM

インテル キセオン X3480は、DDR3-1066およびDDR3-1333のメモリタイプに対応しています。これにより、高速なメモリアクセスが可能となります。

TDP

インテル キセオン X3480のTDP(熱設計電力)は95 Wです。これにより、プロセッサの発熱を抑えつつ高い性能を発揮することができます。

インテル キセオン X3480の利点

1. パフォーマンスのレビュー

インテル キセオン X3480は、優れたパフォーマンスを誇るプロセッサです。このプロセッサは、高いクロック速度とハイパースレッディング技術により、複数のタスクを同時に処理することができます。

2. 実行時間の仕様

インテル キセオン X3480は、クロック速度が3.06GHzから3.73GHzまで調整可能です。これにより、ユーザーはタスクの要求に合わせてプロセッサの速度を調整できます。

3. ベンチマークテストの結果

インテル キセオン X3480は、ベンチマークテストにおいて高いスコアを叩き出しており、高い処理能力を実証しています。特に、マルチスレッド性能に優れていることが評価されています。

4. リリース日

インテル キセオン X3480は、2010年5月にリリースされました。そのため、現在では古いモデルとなっていますが、高いパフォーマンスを提供することから、一部のユーザーには依然として人気があります。

5. ソケットとマザーボードの互換性

インテル キセオン X3480は、LGA 1156ソケットに対応しています。このため、LGA 1156ソケットを搭載したマザーボードで利用することができます。ユーザーは、既存のシステムにプロセッサをアップグレードすることができます。

6. RAMのサポート

インテル キセオン X3480は、DDR3メモリをサポートしています。最大16GBのRAMを搭載することができます。これにより、大規模なデータ処理やマルチタスクの実行にも対応しています。

7. TDP(熱設計電力)

インテル キセオン X3480のTDPは、95Wです。この低い電力消費量により、省エネルギー性能が向上し、冷却システムの負荷を軽減することができます。

インテル キセオン X3480の用途

インテル キセオン X3480(Intel Xeon X3480)は、インテルによって開発されたサーバープロセッサです。このプロセッサは、高い性能と信頼性を備えており、さまざまな用途に使用することができます。

サーバーレビューとベンチマーク

インテル キセオン X3480は、多くのレビューで高い評価を受けています。その性能は、マルチスレッド性能やデータ処理能力において非常に優れています。ベンチマークテストでは、他のプロセッサと比較しても高いパフォーマンスを発揮しています。

仕様とリリース日

インテル キセオン X3480はインテルのネハレムマイクロアーキテクチャを採用しており、4コア8スレッドのプロセッサです。クロック速度は3.06 GHzで、ターボブーストテクノロジーにより最大3.73 GHzまでクロックを上げることができます。このプロセッサは2010年にリリースされました。

ソケットとマザーボード

インテル キセオン X3480はLGA 1156ソケットに対応しており、対応するマザーボードが必要です。このプロセッサを搭載するためには、互換性のあるマザーボードが必要です。

RAMとTDP

インテル キセオン X3480は、DDR3 RAMをサポートしています。最大メモリ容量は32 GBまでです。TDP(熱設計電力)は95 Wで、冷却が必要です。

このプロセッサの優れた性能と豊富な機能は、サーバーやワークステーションなど、様々な用途での使用に適しています。性能と信頼性を求めるユーザーにはおすすめのプロセッサです。

質問への回答

Intel Xeon X3480の主な特徴は何ですか?

Intel Xeon X3480は、4コア8スレッドで動作するクアッドコアプロセッサです。ハイパースレッディング技術によって、より効率的なマルチスレッド処理が可能です。また、Turbo Boostテクノロジーによって、必要に応じてクロック速度を自動的に上げることができます。

Intel Xeon X3480のクロック速度はどれくらいですか?

Intel Xeon X3480のベースクロック速度は2.93 GHzですが、Turbo Boostテクノロジーによって最大3.6 GHzまでクロック速度を上げることができます。

Intel Xeon X3480はどのようなタスクに適していますか?

Intel Xeon X3480は、サーバーやワークステーションなどの高負荷なタスクに適しています。マルチスレッド処理能力が高く、大量のデータ処理や仮想化などの作業に優れた性能を発揮します。

Intel Xeon X3480の消費電力はどれくらいですか?

Intel Xeon X3480の消費電力は、最大で95Wです。高性能なプロセッサでありながら省エネ性も備えているため、電力コストを抑えられます。

Intel Xeon X3480はどの世代のプロセッサですか?

Intel Xeon X3480は、クラークフィールドアーキテクチャを採用した1世代前のプロセッサです。そのため、最新のテクノロジーには対応していない場合があります。

Intel Xeon X3480はオーバークロック可能ですか?

はい、Intel Xeon X3480はオーバークロックが可能です。ただし、十分な冷却システムと安定した電源供給を備えたシステムが必要です。

Intel Xeon X3480と他のプロセッサとの比較での性能はどうですか?

Intel Xeon X3480は、同世代の他のプロセッサと比較しても高い性能を持っています。特にマルチスレッド処理能力が優れており、高負荷なタスクにも対応できます。

Intel Xeon X3480を搭載したシステムの価格はどれくらいですか?

Intel Xeon X3480を搭載したシステムの価格は、メーカーや構成によって異なります。一般的には高性能プロセッサを搭載しているため、一般的なデスクトップPCよりも高価になる傾向があります。

Intel Xeon X3480の価格はいくらですか?

Intel Xeon X3480の価格は、中古市場で約30,000円から50,000円程度です。

Intel Xeon X3480はどのような用途に適していますか?

Intel Xeon X3480は、ワークステーションやサーバー向けのプロセッサであり、ハイエンドなアプリケーションやデータベースの処理に適しています。

Intel Xeon X3480のクロック速度はどれくらいですか?

Intel Xeon X3480のクロック速度は、基本クロックが3.06GHzで、Turbo Boostを利用すると最大で3.73GHzまでクロックを上げることができます。

Intel Xeon X3480のコア数はいくつですか?

Intel Xeon X3480は、4つのコアを持っています。

Intel Xeon X3480の消費電力はどれくらいですか?

Intel Xeon X3480の消費電力は、95Wです。

Rate article
ASKUSDEV