Intel Xeon E5-2680 v4:スペック、パフォーマンス、価格

Intel Xeon E5-2680 v4は、インテルの最新のサーバープロセッサです。このプロセッサは、高いパフォーマンスと信頼性を提供し、さまざまなアプリケーションやワークロードに対応しています。

この記事では、Xeon E5-2680 v4の主な仕様や性能についてレビューします。また、実際のベンチマーク結果や価格についても紹介します。

Xeon E5-2680 v4は、2016年にリリースされました。このプロセッサは、14コア28スレッドを搭載しており、ハイパースレッディングによってさらに高いマルチスレッド性能を実現しています。

このプロセッサは、LGA 2011-3ソケットに対応しており、対応するマザーボードと組み合わせることで使用することができます。また、最大512GBまでのDDR4 RAMをサポートしています。

Xeon E5-2680 v4のTDP(熱設計電力)は120Wであり、高いパフォーマンスを維持しながらもエネルギー効率を考慮しています。

Intel Xeon E5-2680 v4のスペック

レビュー

Intel Xeon E5-2680 v4は、高性能なエンタープライズ向けプロセッサです。その性能と信頼性は、ビジネスやサーバーアプリケーションにおいて優れたパフォーマンスを提供します。

仕様

  • コア数:14
  • スレッド数:28
  • ベースクロック:2.4 GHz
  • 最大クロック:3.3 GHz
  • キャッシュ:35 MB
  • メモリタイプ:DDR4
  • 最大メモリ容量:1.5 TB
  • TDP:120 W

ベンチマーク

Intel Xeon E5-2680 v4は、多くのベンチマークで優れた結果を示しています。高いクロック速度と多くのコア数により、データ処理や並列処理のパフォーマンスが向上します。

リリース日

Intel Xeon E5-2680 v4は、2016年5月にリリースされました。これにより、最新のハードウェアと最新のテクノロジーを利用することが可能になります。

ソケットとマザーボード

Intel Xeon E5-2680 v4は、Socket R3(LGA 2011-3)を使用するソケットに対応しています。これにより、互換性のあるマザーボードを選択することができます。

RAM

Intel Xeon E5-2680 v4はDDR4メモリをサポートしており、最大容量は1.5 TBです。高速かつ大容量のメモリを利用することで、より効率的なデータ処理が可能です。

TDP

Intel Xeon E5-2680 v4のTDPは120 Wです。これにより、エネルギー効率を考慮しながら高性能を実現することができます。

性能をパワーアップ

レビュー

Intel Xeon E5-2680 v4は、高性能なプロセッサーです。その多くの機能により、大規模なデータ処理や複雑なアプリケーションの実行が可能な性能を提供します。

仕様

Intel Xeon E5-2680 v4の主な仕様は以下の通りです:

  • コア数:14
  • スレッド数:28
  • ベースクロック:2.4 GHz
  • 最大ターボブーストクロック:3.3 GHz
  • キャッシュ:35 MB
  • メモリタイプ:DDR4
  • 最大メモリサポート:1.5 TB
  • TDP:120 W
  • ソケット:LGA 2011-3

ベンチマーク

Intel Xeon E5-2680 v4は、さまざまなベンチマークテストで優れた結果を残しています。その高いパフォーマンスは、データベース処理、ビッグデータ分析、仮想化などの幅広いアプリケーションにおいて優れた性能を発揮します。

リリース日

Intel Xeon E5-2680 v4は2016年にリリースされました。

ソケットとマザーボード

Intel Xeon E5-2680 v4はLGA 2011-3ソケットを使用しており、互換性のあるマザーボードが必要です。このプロセッサーを使用する際には、互換性を確認するためにマザーボードの仕様を確認してください。

RAM

Intel Xeon E5-2680 v4はDDR4メモリをサポートしています。このプロセッサーを最大限に活用するためには、高速で大容量のRAMを使用することをおすすめします。

TDP

Intel Xeon E5-2680 v4のTDPは120 Wです。これは、プロセッサーの熱設計電力を示しています。適切な冷却システムが必要です。

コア数とスレッド数の増加

Intel Xeon E5-2680 v4は、仕様のアップグレードにより、コア数とスレッド数を増加させました。

レビューによると、このプロセッサーは最大14コアと28スレッドをサポートしています。ベースクロックは2.4GHzであり、最大ターボブーストクロックは3.3GHzです。

このプロセッサーは、マルチスレッドされた作業負荷において優れたパフォーマンスを発揮します。デュアルソケットシステムを使用すると、さらに高いパフォーマンスが得られる可能性があります。

コア数とスレッド数の増加により、プロセッサーはより多くのタスクを同時に処理できます。これは特にマルチスレッドアプリケーションやデータベースサーバーなど、多くの処理能力を必要とするアプリケーションに適しています。

仕様 詳細
リリース日 2016年3月
ソケット LGA 2011-v3
マザーボード Intel C610シリーズチップセットを搭載したマザーボード
RAM 最大DDR4-2400 ECC RDIMMs
TDP 120W

キャッシュメモリの強化

Intel Xeon E5-2680 v4は、そのキャッシュメモリの強化により高いパフォーマンスを提供します。

レビュー

このプロセッサは、多くのレビューで高評価を受けています。ユーザーは、その優れたパフォーマンスと優れたエネルギー効率を称賛しています。

仕様

Xeon E5-2680 v4は14コア/28スレッドのプロセッサであり、2.4GHzのベースクロック速度を持っています。最大ターボブーストクロックは3.3GHzで、35.75MBのキャッシュメモリを搭載しています。

ベンチマーク

Xeon E5-2680 v4のベンチマーク結果は非常に優れています。このプロセッサは、タスク処理能力に優れており、さまざまなアプリケーションやワークロードで優れたパフォーマンスを発揮します。

リリース日

Xeon E5-2680 v4は2016年第1四半期にリリースされました。

ソケットとマザーボード

このプロセッサは、Socket 2011-3を使用するマザーボードに対応しています。これにより、ユーザーはさまざまなマザーボードオプションから選択することができます。

RAM

Xeon E5-2680 v4は、最大で1.54TBのRAMをサポートしています。これにより、大容量のメモリを使用するアプリケーションにも対応しています。

TDP

このプロセッサのTDPは120Wです。これは、エネルギー効率の優れたパフォーマンスを提供するために最適化されています。

まとめ

Intel Xeon E5-2680 v4は強化されたキャッシュメモリを備えた優れたプロセッサです。そのパフォーマンスと機能は多くのユーザーに評価されており、幅広いアプリケーションで活用されています。

クロック速度の向上

仕様に基づいたレビュー

Intel Xeon E5-2680 v4は、2016年のリリース以来、データセンターで広く使用されているプロセッサです。このプロセッサは14コア/ 28スレッドを備えており、2.4 GHzのベースクロック速度で動作します。

ベンチマーク結果

各コアが2.4 GHzで動作するため、Xeon E5-2680 v4は高いパフォーマンスを提供します。このプロセッサは、多くのタスクで高速な処理能力を発揮できるため、データベースや仮想化などの重い作業に最適です。

リリース日とソケット

Xeon E5-2680 v4は、2016年第1四半期にリリースされ、Socket R3(LGA 2011-3)を使用します。このソケットは、高性能なマザーボードと組み合わせることで、プロセッサの最大パフォーマンスを引き出すことができます。

マザーボードとRAMの互換性

このプロセッサは、DDR4メモリをサポートしています。マザーボードとRAMの互換性は、プロセッサの仕様に依存します。Xeon E5-2680 v4を使用する場合、マザーボードとRAMの仕様をチェックすることをおすすめします。

パワー消費量(TDP)

Xeon E5-2680 v4のTDPは120Wです。これは、高性能なプロセッサとしては一般的な範囲です。適切な冷却システムを使用して、プロセッサが正常に動作するようにする必要があります。

省電力設計と冷却技術の改善

Intel Xeon E5-2680 v4は、省電力設計と冷却技術の改善に焦点を当てています。これにより、高いパフォーマンスを提供すると同時に、電力消費と熱の発生を最小限に抑えることができます。

省電力設計

Intel Xeon E5-2680 v4は、14nmプロセス技術を使用しており、効率的な電力消費を可能にしています。これにより、サーバーやワークステーションでのエネルギー効率を向上させることができます。また、Dynamic Power Management技術により、負荷に応じてクロック速度を調整することで、必要最低限の電力を使用するように最適化されています。

冷却技術の改善

Intel Xeon E5-2680 v4は、高度な冷却技術を採用しています。これにより、高いパフォーマンスを維持しながら、適切な温度範囲内で動作することができます。さらに、進化した冷却ソリューションにより、長時間の使用でもオーバーヒートを防ぐことができます。熱設計電力(TDP)は、このプロセッサが発生する最大熱量を示し、冷却システムの選択に役立ちます。

まとめ

Intel Xeon E5-2680 v4は、高いパフォーマンスと低電力消費を両立させるための省電力設計と冷却技術の改善がなされています。これにより、長時間の使用でも安定した動作が可能であり、エネルギー効率の向上にも貢献しています。

質問への回答

Intel Xeon E5-2680 v4のスペックはどのようなものですか?

Intel Xeon E5-2680 v4は14コア28スレッドで、ベースクロックは2.4 GHzですが、最大ブーストクロックは3.3 GHzに達します。キャッシュは35.75 MBで、メモリーはDDR4-2400/2133対応です。

Intel Xeon E5-2680 v4はどのようなパフォーマンスを発揮しますか?

Intel Xeon E5-2680 v4は、マルチスレッドタスクにおいて非常に優れたパフォーマンスを発揮します。14コアと28スレッドの高いスペックにより、同時に多くの処理を行うことができます。

Intel Xeon E5-2680 v4はどのような用途に向いていますか?

Intel Xeon E5-2680 v4は、データベースサーバーや仮想化サーバーなどの大規模なタスクに適しています。処理能力やパフォーマンスが求められる環境で活躍します。

Intel Xeon E5-2680 v4の価格はいくらですか?

Intel Xeon E5-2680 v4の価格は、約1,200ドル~1,500ドルの範囲です。価格は販売元や地域によって異なる場合があります。

Intel Xeon E5-2680 v4と他のモデルとの比較はどうですか?

Intel Xeon E5-2680 v4は、同等のスペックを持つ他のモデルと比較しても優れたパフォーマンスを発揮します。また、省電力性も高く、エネルギー効率の良いサーバー構築が可能です。

Intel Xeon E5-2680 v4はオーバークロック可能ですか?

Intel Xeon E5-2680 v4はユーザーによるオーバークロックには対応していません。Intel Xeonシリーズは通常、エンタープライズ環境で使用されるため、厳格な制限があります。

Rate article
ASKUSDEV