Intel Xeon E5-1620 v2:仕様と性能を解説

この記事では、Intel Xeon E5-1620 v2についての詳細なレビューや仕様、ベンチマーク結果について解説します。Intel Xeon E5-1620 v2は、2013年にリリースされたデスクトップ向けのプロセッサであり、主にワークステーションやサーバー向けに設計されています。

このプロセッサの仕様を見てみましょう。Intel Xeon E5-1620 v2は、3.7GHzのクロックスピードを持ち、4コアと8スレッドを搭載しています。また、最大メモリ帯域幅は64GB/sであり、DDR3 RAMがサポートされています。さらに、このプロセッサのTDPは130Wであり、高いパフォーマンスを提供します。

ベンチマーク結果からも、Intel Xeon E5-1620 v2の性能の高さがわかります。例えば、ビデオエンコーディングタスクでは、このプロセッサは速い処理速度を実現し、高品質なビデオを短時間で作成することができます。また、3Dレンダリングやデータベースの処理など、重いタスクでも優れたパフォーマンスを発揮します。

Intel Xeon E5-1620 v2は、LGA 2011ソケットに対応しており、対応するマザーボードを選ぶ必要があります。また、このプロセッサはECC対応のRAMをサポートしていますので、信頼性の高いデータ処理が可能です。

Intel Xeon E5-1620 v2は、その高い性能と信頼性から、ワークステーションやサーバーでの使用において非常に人気があります。そのため、多くの企業や個人がこのプロセッサを選択しています。

まとめると、Intel Xeon E5-1620 v2は、強力な性能と優れた信頼性を兼ね備えたプロセッサです。ワークステーションやサーバーでの使用において、高速で安定した処理を実現することができます。

Intel Xeon E5-1620 v2の仕様と性能について

仕様

  • リリース日: 2013年3月
  • ソケット: LGA2011
  • TDP: 130W
  • コア数: 4
  • スレッド数: 8
  • ベースクロック: 3.7GHz
  • 最大クロック: 3.9GHz
  • キャッシュ: 10MB

性能

Intel Xeon E5-1620 v2は、高性能のプロセッサであり、パフォーマンスの要求が厳しいタスクに向いています。仮想化環境やデータベースサーバー、科学技術計算、3Dレンダリングなど、多くの処理を同時に行う場合に優れたパフォーマンスを発揮します。

ベンチマーク

Intel Xeon E5-1620 v2のベンチマークテスト結果によると、多くのアプリケーションで優れたパフォーマンスを実現しています。特にマルチスレッドのタスクでは、そのパワフルな処理能力が活かされます。

マザーボードとRAM

Intel Xeon E5-1620 v2はLGA2011ソケットを使用するため、対応するマザーボードが必要です。メモリはDDR3 ECC(誤り訂正機能付き)をサポートしており、高いデータインテグリティを提供します。最大メモリ帯域幅を活用するために、高速なRAMモジュールの選択が推奨されます。

イントロダクション

レビュー

本記事では、Intel Xeon E5-1620 v2についての詳細なレビューを提供します。このプロセッサの仕様、性能、および他の関連情報について説明していきます。

仕様

Intel Xeon E5-1620 v2は、四つのコアと8スレッドを持つプロセッサです。クロック速度は3.7 GHzで、キャッシュ容量は10 MBです。このプロセッサは、64ビットアーキテクチャをサポートしており、最大メモリバンド幅は59.7 GB/sです。

ベンチマーク

Intel Xeon E5-1620 v2のベンチマークテスト結果によれば、このプロセッサは優れたパフォーマンスを提供しています。マルチタスク処理やデータ解析など、高度な処理においても優れた性能を発揮します。

リリース日

Intel Xeon E5-1620 v2は2013年9月にリリースされました。このプロセッサは、プロフェッショナルユーザーやエンタープライズ環境での使用に適しています。

ソケットとマザーボード

このプロセッサは、LGA 2011ソケットを使用します。対応するマザーボードは、Intel X79チップセットを搭載したものが推奨されます。

RAM

Intel Xeon E5-1620 v2は、最大でDDR3-1866のメモリをサポートします。マルチチャネルメモリアーキテクチャを利用することで、高速なデータアクセスが可能です。

TDP

このプロセッサの熱設計電力(TDP)は130 Wです。十分な冷却を提供するために、適切な冷却装置を使用することが重要です。

仕様

  • レビュー: Xeon E5-1620 v2は、Intelのサーバープロセッサであり、その性能と信頼性で知られています。
  • 仕様: Xeon E5-1620 v2は、4つのコアと8つのスレッドを持ち、ベースクロックは3.7 GHzです。また、Turbo Boostテクノロジーにより最大4.0 GHzのクロック速度に自動的に上昇することができます。
  • ベンチマーク: Xeon E5-1620 v2は、幅広いベンチマークテストで高いパフォーマンスを発揮します。これは、応答性のあるシステムと高い処理能力を求めるユーザーに適しています。
  • リリース日: Xeon E5-1620 v2は、2013年第3四半期にリリースされました。
  • ソケットとマザーボード: Xeon E5-1620 v2は、LGA 2011ソケットを使用しており、互換性のあるマザーボードが必要です。これにより、高性能なサーバーシステムを構築することができます。
  • RAM: Xeon E5-1620 v2は、最大384 GBのDDR3 ECC RDIMMまたはLRDIMMメモリをサポートしています。これにより、大規模なデータ処理にも対応できます。
  • TDP: Xeon E5-1620 v2のTDPは130 Wです。これは、高パフォーマンスを提供するために必要な電力レベルを示しています。

アーキテクチャ

  • レビュー: Intel Xeon E5-1620 v2は、デスクトップおよびワークステーション向けのプロセッサであり、ハイエンドの処理能力と信頼性を提供します。
  • 仕様: このプロセッサは4コア/8スレッドで動作し、3.7 GHzのベースクロックおよび3.9 GHzの最大ターボブーストクロックを備えています。さらに、このプロセッサは22nmプロセス技術を採用しており、最大メモリ帯域幅は25.6 GB/sです。
  • ベンチマーク: Xeon E5-1620 v2のベンチマークテストでは、優れたマルチスレッドパフォーマンスと高い処理能力が確認されています。これは、ワークステーションやサーバー環境での大規模な作業に適しています。
  • リリース日: Intel Xeon E5-1620 v2は2013年第3四半期にリリースされました。
  • ソケット: このプロセッサはLGA2011ソケットに対応しています。
  • マザーボード: Xeon E5-1620 v2は、対応するLGA2011ソケットを備えたマザーボードに取り付ける必要があります。これにより、高速なデータ転送と拡張性が実現されます。
  • RAM: このプロセッサは最大でDDR3-1866のメモリをサポートします。これにより、高速で効率的なデータ処理が可能となります。
  • TDP: Xeon E5-1620 v2の熱設計電力は130Wです。したがって、十分な冷却が必要です。

性能

Intel Xeon E5-1620 v2は、その優れた性能で、幅広い用途に利用することができます。

レビュー

このプロセッサは、さまざまなレビューで高評価を得ています。その高いクロック速度と4つのコアにより、多くのタスクを同時に実行することができます。

仕様

プロセッサ番号 Xeon E5-1620 v2
リリース日 2013年第3四半期
ソケット LGA 2011
コア数/スレッド数 4/8
ベースクロック速度 3.7 GHz
最大ターボブーストクロック速度 3.9 GHz
TDP 130W

ベンチマーク

Intel Xeon E5-1620 v2は、一般的なベンチマークテストにおいて非常に高いパフォーマンスを発揮します。その高いクロック速度とハイパースレッディングにより、マルチスレッドでの処理も効率的に行うことができます。

マザーボードとRAM

このプロセッサは、LGA 2011ソケットを使用するため、対応するマザーボードが必要です。また、DDR3 ECC REG RAMをサポートしており、大容量のメモリを利用することが可能です。

まとめ

本記事では、Intel Xeon E5-1620 v2の主な特徴や性能について解説しました。以下にまとめます。

仕様

  • ソケット:LGA 2011
  • コア数:4
  • スレッド数:8
  • TDP:130W
  • クロック速度:3.7 GHz
  • キャッシュ:10MB
  • メモリタイプ:DDR3
  • 最大メモリ容量:256GB

レビュー

Intel Xeon E5-1620 v2は、サーバーやワークステーション向けのプロセッサであり、高いパフォーマンスと信頼性を提供します。4つのコアと8つのスレッドにより、マルチタスク処理がスムーズに行えます。

ベンチマーク

ベンチマークテストでは、Intel Xeon E5-1620 v2は他のプロセッサと比較しても優れたパフォーマンスを発揮します。特に、高負荷のタスクや大規模なデータ処理において優れた性能を発揮します。

リリース日

Intel Xeon E5-1620 v2は2013年9月にリリースされました。その後も、現在でも多くの企業や研究機関で使用されています。

マザーボードとRAM

Intel Xeon E5-1620 v2はLGA 2011ソケットを使用しており、対応するマザーボードを選ぶ必要があります。また、DDR3タイプのRAMを使用することができます。最大メモリ容量は256GBです。

TDP

Intel Xeon E5-1620 v2のTDPは130Wです。この数字は、プロセッサが発熱する際のパワー消費量を示しており、適切な冷却システムを選ぶ際の重要な指標となります。

質問への回答

Intel Xeon E5-1620 v2はどのようなスペックを持っていますか?

Intel Xeon E5-1620 v2は、3.7GHzのクロックスピード、4コア8スレッドのプロセッサ、10MBのキャッシュサイズを持っています。

Intel Xeon E5-1620 v2のパフォーマンスはどれぐらいですか?

Intel Xeon E5-1620 v2は、マルチスレッドタスクの処理能力が優れており、高いクロックスピードにより高速なデータ処理が可能です。

Intel Xeon E5-1620 v2はどのような用途に適していますか?

Intel Xeon E5-1620 v2は、データベースサーバー、仮想化、CAD/CAM、3Dレンダリングなどの高負荷なタスクに適しています。

Intel Xeon E5-1620 v2の価格はどれぐらいですか?

Intel Xeon E5-1620 v2の価格は、パフォーマンスや機能によって異なりますが、一般的には比較的高価なプロセッサです。

Intel Xeon E5-1620 v2は他のプロセッサと比較してどのような特徴がありますか?

Intel Xeon E5-1620 v2は、低電力消費と高いパフォーマンスを兼ね備えており、省エネルギーの環境に最適なプロセッサです。

Rate article
ASKUSDEV