Intel Core i5-3317Uについての情報|スペック、性能、評価|最新のプロセッサ

CPU

この記事では、Intel Core i5-3317Uについて詳しく紹介します。Intel Core i5-3317Uは、インテルがリリースした第3世代のプロセッサです。このプロセッサは、低電力消費と優れたパフォーマンスを両立させることが特徴です。

Intel Core i5-3317Uの主な仕様には、デュアルコアのクロック速度が1.7GHzから2.6GHzまで変動することや、4スレッドの処理が可能なことなどが挙げられます。また、このプロセッサは22nmの製造プロセスを採用しており、省電力性も高くなっています。

Intel Core i5-3317Uの性能については、ベンチマークテストで評価されています。このプロセッサは、一般的なコンピューティングタスクやマルチタスキングにおいて高いパフォーマンスを発揮します。また、グラフィックス性能も向上しており、動画再生やゲームなどのグラフィックスに関連するタスクもスムーズに処理することができます。

Intel Core i5-3317Uは2012年にリリースされました。このプロセッサは、インテルの第3世代のIvy Bridgeアーキテクチャを採用しており、それまでのプロセッサよりも高い性能と効率を実現しています。

Intel Core i5-3317Uは、BGA1023ソケットに対応しています。マザーボードやRAMとの互換性を確認する際には、この情報を確認することが重要です。また、このプロセッサのTDP(熱設計電力)は、17Wであり、低い電力消費を実現しています。

以上がIntel Core i5-3317Uについての情報です。このプロセッサは、優れた性能と省電力性を兼ね備えており、多くのユーザーから好評を得ています。

Intel Core i5-3317Uについての情報

仕様

  • リリース日: 2012年3月
  • ソケット: rPGA988B
  • コア数: 2
  • スレッド数: 4
  • ベースクロック: 1.7 GHz
  • 最大ターボブーストクロック: 2.6 GHz
  • L3キャッシュ: 3MB
  • 製造プロセス: 22nm
  • TDP: 17W

ベンチマーク

Intel Core i5-3317Uは、日常の一般的なコンピューティングタスクにおいて優れたパフォーマンスを発揮します。以下はいくつかのベンチマークテストの結果です。

  • PCMark 8 Home: 2,000
  • Cinebench R15 CPU: 220
  • Geekbench 5 Single Core: 800
  • Geekbench 5 Multi-Core: 1,600

レビュー

Intel Core i5-3317Uは、多くのユーザーから高い評価を受けています。このプロセッサは低消費電力でありながら、優れたパフォーマンスを提供します。コア数とスレッド数の組み合わせにより、マルチスレッドタスクも快適に処理できます。

互換性

Intel Core i5-3317Uは、rPGA988Bソケットを使用するため、対応するマザーボードが必要です。また、システムのメモリはDDR3L-1333/1600またはDDR3L-1066/1333である必要があります。

まとめ

Intel Core i5-3317Uは、エントリーレベルのノートパソコンやウルトラブックに最適な選択肢です。省電力性と優れたパフォーマンスを兼ね備え、日常のコンピューティングタスクをスムーズにこなします。

スペック

仕様

  • モデル: Intel Core i5-3317U
  • リリース日: 2012年第3四半期
  • ソケット: FCBGA1023
  • コア数: 2
  • スレッド数: 4
  • ベースクロック: 1.7GHz
  • ターボブーストクロック: 2.6GHz
  • キャッシュ: L3 3MB
  • メモリタイプ: DDR3L-1333 / DDR3L-1600
  • 最大メモリサポート: 32GB
  • TDP: 17W

ベンチマーク

Intel Core i5-3317Uは、一般的なノートパソコン向けのプロセッサです。下記は一部のベンチマークスコアです。

ベンチマーク スコア
PassMark 2893
Cinebench R20 238
Geekbench 5 (シングルコア) 550
Geekbench 5 (マルチコア) 1050

これらのベンチマークスコアは、実際のパフォーマンスに影響を与える数値ではありますが、実際の使用状況によって異なる場合があります。

性能

Intel Core i5-3317Uは、エントリーレベルのパフォーマンスを提供するプロセッサで、モバイルデバイス向けに設計されています。以下では、その性能についての詳細を見ていきます。

レビュー

Intel Core i5-3317Uは、ユーザーレビューでも一般的に高い評価を受けています。その高いパフォーマンスと省電力性が、多くのユーザーに好評をもたらしています。

仕様

Intel Core i5-3317Uの仕様は以下の通りです:

  • コア数: 2
  • スレッド数: 4
  • ベースクロック: 1.7GHz
  • 最大ターボブーストクロック: 2.6GHz
  • キャッシュ: 3MB
  • 製造プロセス: 22nm

ベンチマーク

Intel Core i5-3317Uは、一般的なタスクに対して十分なパフォーマンスを提供します。以下は、いくつかのベンチマーク結果の例です:

ベンチマーク 結果
Cinebench R15 CPU 約250
Geekbench 4シングルコア 約3000
Geekbench 4マルチコア 約6000

リリース日

Intel Core i5-3317Uは、2012年第3四半期にリリースされました。

ソケット

Intel Core i5-3317Uは、BGA1023およびrPGA988Bソケットに対応しています。

マザーボード

Intel Core i5-3317Uは、モバイル向けのマザーボードに搭載することができます。このプロセッサは、小型で省スペースのデバイスに最適です。

RAM

Intel Core i5-3317Uは、DDR3L-1600/1333およびLPDDR3-1333/1066のRAMをサポートしています。これにより、高速で効率的なメモリの使用が可能です。

TDP

Intel Core i5-3317UのTDP(サーマルデザインパワー)は、17Wです。この低い消費電力は、モバイルデバイスでのバッテリー寿命を向上させるために重要です。

評価

レビュー

Intel Core i5-3317Uは、優れたパフォーマンスとエネルギー効率を備えたプロセッサです。さまざまなタスクにおいて素晴らしい性能を発揮し、多くのユーザーから高い評価を受けています。

仕様

  • コア数:2コア
  • スレッド数:4スレッド
  • 基本クロック:1.7 GHz
  • 最大クロック:2.6 GHz
  • キャッシュ:3 MB
  • ソケット:BGA1023
  • 製造プロセス:22 nm
  • 最大TDP:17W

ベンチマーク

Intel Core i5-3317Uのベンチマーク結果は非常に高く、優れたパフォーマンスを示しています。複数のベンチマークテストにおいて、このプロセッサは優れた処理能力を発揮し、多くのタスクをスムーズにこなすことができます。

リリース日

Intel Core i5-3317Uは、2012年にリリースされました。それ以来、このプロセッサは多くのユーザーによって利用され、高い評価を受けています。

ソケットとマザーボード

Intel Core i5-3317Uは、BGA1023ソケットを使用しており、対応するマザーボードが必要です。互換性のあるマザーボードを選択することで、このプロセッサを効果的に利用することができます。

RAM

Intel Core i5-3317Uは最大16GBのDDR3L-1333/1600 RAMをサポートしています。RAMの容量とクロック速度を選択する際には、互換性を確認する必要があります。

TDP

Intel Core i5-3317UのTDPは最大で17Wです。低い電力消費量と優れたパフォーマンスのバランスを持つこのプロセッサは、ノートパソコンやウルトラブックなどの軽量なデバイスに最適です。

最新のプロセッサ

レビュー

最新のプロセッサ、Intel Core i5-3317Uは、優れたパフォーマンスとエネルギー効率を提供します。このプロセッサは、多くのノートパソコンで使用されており、優れた処理能力と省電力性が特徴です。市場で高い評価を得ています。

仕様

  • プロセッサモデル: Intel Core i5-3317U
  • リリース日: 2012年4月
  • ソケット: BGA1023
  • コア数: 2コア
  • スレッド数: 4スレッド
  • ベースクロック速度: 1.7 GHz
  • 最大ターボブーストクロック速度: 2.6 GHz
  • TDP(熱設計電力): 17W

ベンチマーク

Intel Core i5-3317Uは、一般的なタスクにおいて非常に良好なパフォーマンスを発揮します。ベンチマークテストでは、優れたマルチスレッドパフォーマンスと処理能力を示しています。ビデオ編集やゲームなどの負荷が高いタスクにも対応できます。

対応マザーボードとRAM

Intel Core i5-3317Uプロセッサは、BGA1023ソケットを使用しており、対応するマザーボードが必要です。マザーボードは、このソケットを搭載しているものを選択する必要があります。RAMの場合、このプロセッサはDDR3メモリをサポートしています。

質問への回答

Intel Core i5-3317Uはどのようなスペックを持っていますか?

Intel Core i5-3317Uは、基本クロック速度が1.7GHzで、最大ターボブースト時には2.6GHzまでクロックを上げることができます。2コア4スレッドのプロセッサであり、キャッシュサイズは3MBです。

Intel Core i5-3317Uはどのくらいの性能を持っていますか?

Intel Core i5-3317Uは第3世代の「Ivy Bridge」アーキテクチャを採用しており、エネルギー効率が向上しています。一般的なオフィスタスクやウェブブラウジングにおいては良好なパフォーマンスを発揮しますが、より要求の厳しいタスクにはあまり向いていません。

Intel Core i5-3317Uのプロセッサクロックはどのように機能しますか?

Intel Core i5-3317Uは、基本クロック速度が1.7GHzで動作しますが、負荷がかかる場合には自動的に最大ターボブースト時の2.6GHzまでクロックを上げることができます。これにより、必要なときに追加のパフォーマンスを引き出すことができます。

Intel Core i5-3317Uのキャッシュサイズはどのくらいですか?

Intel Core i5-3317Uのキャッシュサイズは3MBです。キャッシュは、プロセッサが頻繁にアクセスするデータを一時的に保存するメモリであり、高速なアクセスを可能にします。

Intel Core i5-3317Uのメモリーサポートはどのくらいですか?

Intel Core i5-3317Uは、DDR3-1333とDDR3L-1600のメモリーをサポートしています。最大メモリーサイズは16GBです。

Intel Core i5-3317Uはどのように冷却されますか?

Intel Core i5-3317Uは、薄型のノートパソコンやウルトラブックに搭載されることが一般的です。これらのデバイスでは、効果的な冷却のために低電圧設計や効率的な冷却システムが採用されています。

Intel Core i5-3317Uはオーバークロックできますか?

Intel Core i5-3317Uはおそらくオーバークロックできません。モバイルプロセッサは通常、オーバークロックに対応していないため、クロック速度を手動で変更することはできません。

Rate article
ASKUSDEV