Intel Celeron J3355:スペック、価格、比較、レビュー | インテル

CPU

インテルのCeleron J3355は、低価格で高性能を提供するデュアルコアプロセッサです。このプロセッサは、その優れた性能と信頼性から、多くのユーザーから高い評価を受けています。

このプロセッサの仕様には、1.5GHzのクロック速度、2MBのキャッシュ、そして2コアが含まれます。これにより、ユーザーは高速なマルチタスキングと快適なパフォーマンスを期待することができます。

ベンチマークテストでは、Celeron J3355は他の同等のプロセッサと比べて優れた結果を示しています。パソコンの処理速度や応答性が向上し、さまざまなタスクを効率的に処理することができます。

2016年にリリースされたCeleron J3355は、インテルのApollo Lakeマイクロアーキテクチャを採用しています。また、このプロセッサはIntel HD Graphics 500を搭載しており、動画再生やグラフィック関連のタスクにも優れたパフォーマンスを発揮します。

このプロセッサは、Celeronシリーズの他のプロセッサと同様に、LGA 1151ソケットと互換性があります。これは、多くのマザーボードで使用することができることを意味しています。さらに、このプロセッサはDDR4 RAMと互換性がありますので、メモリのアップグレードも容易です。

Celeron J3355のTDP(熱設計電力)は約10Wです。この低消費電力設計は、省エネルギー性と低電力消費を提供し、バッテリー寿命の延長にも役立ちます。

全体的に、Celeron J3355は優れた性能とコストパフォーマンスのバランスを提供しています。広範な用途に対応し、多くのユーザーにとって理想的な選択肢です。

Intel Celeron J3355のスペック

Intel Celeron J3355は、Intelの低消費電力デュアルコアプロセッサです。以下に、このプロセッサの主な仕様を示します。

  • コア数: 2
  • スレッド数: 2
  • ベースクロック: 2.0 GHz
  • 最大 ターボブーストクロック: 2.5 GHz
  • キャッシュ: 2MB
  • メモリタイプ: DDR3L, LPDDR4
  • 最大メモリ帯域幅: 25.6 GB/s
  • ソケットタイプ: BGA1296
  • TDP (熱設計電力): 10W
  • リリース日: 2016年第4四半期

Intel Celeron J3355は、低消費電力デュアルコアプロセッサとして、エネルギー効率と高速処理能力を備えています。性能が必要とされる一般的なタスクや、軽いオフィス作業に適しています。

また、Celeron J3355は小型のマザーボードに搭載されることが多く、コストパフォーマンスに優れたシステムを構築するための選択肢として人気です。

ベンチマーク

以下は、Intel Celeron J3355のベンチマーク結果の一例です。

ベンチマーク スコア
PassMark CPU 1583
Cinebench R15 120
Geekbench 5 (シングルコア) 387
Geekbench 5 (マルチコア) 703

これらのベンチマーク結果から分かるように、Celeron J3355は日常的なタスクに向いていますが、高性能なタスクには適していません。

つまり、ウェブ閲覧、メール、オフィス作業、軽い写真編集などの基本的な作業には十分な性能がありますが、複雑なデザイン作業やゲームなど、より高い性能を必要とするタスクには適していません。

性能、クロック速度、コア数、キャッシュ容量を比較

Intel Celeron J3355は、低価格のデスクトップおよびノートパソコン向けのプロセッサです。以下に、このプロセッサの詳細な仕様と性能をご紹介します。

仕様

  • リリース日:2016年11月
  • ソケット:BGA1296
  • コア数:2
  • スレッド数:2
  • ベースクロック速度:2.0 GHz
  • 最大クロック速度:2.5 GHz
  • キャッシュ容量:2 MB
  • メモリタイプ:DDR3L/DDR4
  • 最大サポートメモリ容量:8 GB
  • TDP:10W

性能とベンチマーク

Intel Celeron J3355は、低消費電力プロセッサとして設計されており、省電力かつ静音な動作を実現しています。一般的なパソコン作業や軽いタスクにおいてはスムーズな動作が可能ですが、高負荷のタスクやゲームには向いていません。

以下は、Celeron J3355のベンチマーク結果の一例です。

  • PassMark CPUスコア:1298
  • Cinebench R15シングルコアスコア:43
  • Cinebench R15マルチコアスコア:94
  • Geekbench 5シングルコアスコア:424
  • Geekbench 5マルチコアスコア:801

これらのスコアは、他のハイエンドのプロセッサと比較すると低いですが、Celeron J3355の主な利点は低価格と低消費電力です。

まとめ

Intel Celeron J3355は、低価格のデスクトップおよびノートパソコン向けのプロセッサであり、省電力性が特徴です。一般的なオフィス作業やウェブ閲覧などの軽いタスクに適しており、予算やエネルギー効率を重視するユーザーにとって良い選択肢となります。

ただし、高負荷のタスクやゲーミングを行う場合には、より高性能なプロセッサを選択することをおすすめします。

Intel Celeron J3355の価格

Intel Celeron J3355は、低価格のエントリーレベルのプロセッサであり、多くの一般的なホームオフィスやウェブブラウジングのニーズに適しています。このプロセッサの価格は非常に手頃であり、予算に制約のあるユーザーにとって魅力的な選択肢となっています。

Intel Celeron J3355は、IntelのApollo Lakeマイクロアーキテクチャを採用しています。このデュアルコアプロセッサは、1.5 GHzのベースクロックと、最大2.5 GHzのブーストクロックを提供します。さらに、このプロセッサは、6.5Wの低TDP(熱設計電力)を持ち、エネルギー効率の良いパフォーマンスを実現しています。

Intel Celeron J3355は、ソケットBGA1296を使用しており、対応するマザーボードと互換性があります。また、このプロセッサは最大8GBのRAMをサポートしており、基本的なタスクには十分なメモリ容量を提供します。

Intel Celeron J3355のベンチマーク結果によれば、このプロセッサは一般的なオフィスアプリケーションやウェブブラウジングにはパフォーマンスが十分であると評価されています。ただし、複雑なタスクやゲームなどのより要求の高いアプリケーションには向いていません。

Intel Celeron J3355は、2016年のリリース以来、多くのユーザーに利用されてきました。そのため、中古市場でも比較的安価で入手することができます。ただし、新品の場合でも予算に優れた選択肢であるため、コストパフォーマンスに優れていると言えます。

まとめると:

  • Intel Celeron J3355は手頃な価格であり、予算に制約のあるユーザーに適しています。
  • このプロセッサは低TDPを持ち、エネルギー効率の良いパフォーマンスを提供します。
  • Intel Celeron J3355はソケットBGA1296を使用し、最大8GBのRAMをサポートしています。
  • 一般的なオフィスアプリケーションやウェブブラウジングには十分なパフォーマンスを提供しますが、要求の高いアプリケーションには向いていません。
  • 中古市場でも比較的安価に入手することができます。
仕様 詳細
プロセッサタイプ デュアルコア
ベースクロック 1.5 GHz
ブーストクロック 最大2.5 GHz
TDP 6.5W
ソケット BGA1296
RAM 最大8GB

他のプロセッサとの比較、価格帯、コスト効果

Intel Celeron J3355は、その仕様や性能から他のプロセッサと比較をすることができます。以下では、他のプロセッサとの比較や価格帯、コスト効果などについて見ていきます。

比較

Intel Celeron J3355は、クロックスピードが2.0 GHzで、デュアルコアのプロセッサです。他のプロセッサと比較して、性能面では中程度の位置にあります。例えば、Intel Core i3やAMD Ryzenシリーズと比べると、処理能力やマルチタスキングのパフォーマンスでは劣ります。

価格帯

Intel Celeron J3355は、比較的低価格帯のプロセッサです。主にエントリーレベルのデスクトップやノートパソコン、シングルボードコンピュータなどで使用されます。そのため、低予算でパワフルなパフォーマンスを求めていないユーザーに人気があります。

コスト効果

Intel Celeron J3355は、低価格帯のプロセッサでありながら、基本的なコンピューティングタスクには十分なパフォーマンスを発揮します。ウェブサーフィンやオフィスワークなど、軽いタスクにおいては十分に使用できます。また、省電力であるため、バッテリー駆動のノートパソコンなどにも適しています。

  • リリース日: 2016年
  • ソケット: BGA1296
  • マザーボード: Intel Apollo Lake Platform
  • RAM: 最大16GBのDDR4-2133またはDDR3L-1600
  • TDP: 10W

以上の仕様や性能を考慮すると、Intel Celeron J3355はエントリーレベルのユーザーにとってコスト効果の高いプロセッサといえます。

Intel Celeron J3355の比較

仕様

Intel Celeron J3355は、インテルのデュアルコアプロセッサであり、クロック速度は最大2.5 GHzです。このプロセッサはGemini Lakeアーキテクチャを使用しており、14nmプロセス技術で製造されています。

ベンチマーク

Intel Celeron J3355は、低消費電力のプロセッサでありながら、一般的なデスクトップタスクや軽度のマルチタスキングに十分な性能を提供します。ただし、重いタスクやゲームには向いていません。

リリース日

Intel Celeron J3355は、2016年にリリースされました。

ソケット

Intel Celeron J3355は、IntelのBGA1296ソケットに取り付けられます。

マザーボード

Intel Celeron J3355を搭載できるマザーボードは、主にMini-ITXフォームファクターで提供されます。

RAM

Intel Celeron J3355は、DDR3LまたはDDR4メモリをサポートしており、最大容量は8GBです。

TDP

Intel Celeron J3355のTDP(熱設計電力)は10Wです。これは省電力性能を備えていることを意味します。

同じ価格帯の他のプロセッサとの比較、性能の違い、特徴

Intel Celeron J3355は低価格ながら、優れた性能を提供するプロセッサです。他の同じ価格帯のプロセッサと比較して、どのような特徴や性能の違いがあるのでしょうか。

仕様と性能の比較

以下の表は、Intel Celeron J3355と同じ価格帯の他のプロセッサの仕様と性能を比較したものです。表はマザーボード、RAM、TDP(熱設計電力)など、主要な特徴に焦点を当てています。

プロセッサ リリース日 ソケット マザーボード RAM TDP
Intel Celeron J3355 2016年4月 BGA1296 DDR3L, DDR4 最大8GB 10W
プロセッサ A XXXX年X月 XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
プロセッサ B XXXX年X月 XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
プロセッサ C XXXX年X月 XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX

ベンチマークの結果

ベンチマークを使用して、Intel Celeron J3355と他の同じ価格帯のプロセッサの性能を比較すると、どのプロセッサが優れているのかを確認することができます。具体的なベンチマークスコアや速度の比較結果を探してみましょう。

特徴の比較

Intel Celeron J3355と他のプロセッサを比較する際には、特徴や機能の違いに注目することも重要です。例えば、拡張命令セットやグラフィックス機能の有無、ハードウェア暗号化の対応などが性能や使用用途に影響を与えることがあります。

他の同じ価格帯のプロセッサと比較する際には、これらの仕様やベンチマーク結果、特徴の違いに注目し、自身のニーズや使用目的に合ったプロセッサを選ぶことが重要です。

Intel Celeron J3355のレビュー

Intel Celeron J3355は、Intelの低電力プロセッサの一つです。以下では、その仕様やベンチマーク結果について詳しくレビューします。

仕様

  • リリース日:2016年第4四半期
  • ソケット:BGA1296
  • コア数:2
  • スレッド数:2
  • ベースクロック:2.0 GHz
  • 最大クロック:2.5 GHz
  • L2キャッシュ:1MB
  • L3キャッシュ:2MB
  • メモリサポート:DDR3L-1866/DDR4-2400
  • TDP:10W

ベンチマーク

Intel Celeron J3355は、低電力プロセッサとしては優れたパフォーマンスを発揮しますが、高負荷のタスクには向いていません。以下は、一部のベンチマークスコアの例です。

ベンチマーク スコア
PassMark CPU 1284
Geekbench 5 アウトライト 955
Cinebench R23 503

これらの結果から分かるように、Intel Celeron J3355は一般的な日常のタスクや軽度の仕事には十分な性能を持っていますが、より高度なタスクには向いていません。

まとめ

Intel Celeron J3355は、低電力プロセッサとしては優れた性能を持ち、低消費電力で動作します。しかしながら、より高負荷のタスクには不向きであり、パフォーマンスが限定されます。そのため、ノートパソコンや軽度のデスクトップPCなど、一般的な用途に適しています。

質問への回答

Intel Celeron J3355の性能はどのくらいですか?

Intel Celeron J3355は、クロック速度が2.0GHzで、最大ターボブースト時は2.5GHzに達します。デュアルコアのプロセッサであり、インテルのApollo Lakeアーキテクチャを採用しています。一般的なデスクトップアプリケーションやウェブブラウジングには十分な性能を持っていますが、高度なタスクやゲームなどには向いていません。

Intel Celeron J3355の価格はどのくらいですか?

Intel Celeron J3355の価格は、市場によって異なりますが、一般的には低価格帯のプロセッサとして販売されています。詳細な価格情報は、コンピュータパーツを取り扱っているオンラインショップやメーカーのウェブサイトで確認できます。

Intel Celeron J3355と他のプロセッサを比較した場合、どのような違いがありますか?

Intel Celeron J3355は、エントリーレベルのプロセッサであり、性能は他の高性能なプロセッサと比較すると劣っています。たとえば、Intel Core i5やi7プロセッサは、より高いクロック速度と多くのコアを持ち、より高度なタスクやゲームなどに向いています。また、Intel Celeron J3355は、省電力性が高いため、低消費電力のシステムに最適です。

Intel Celeron J3355の発熱は問題ですか?

Intel Celeron J3355は、比較的低い発熱量を持つプロセッサです。そのため、一般的なデスクトップまたはノートパソコンの冷却システムで問題なく動作します。ただし、長時間の高負荷使用やオーバークロックなどの場合は、適切な冷却を確保する必要があります。

Intel Celeron J3355は、どのような用途に適していますか?

Intel Celeron J3355は、一般的なデスクトップアプリケーションやウェブブラウジング、メディア再生などの基本的なタスクに適しています。また、省電力性が高いため、エネルギー効率の良いシステムを構築することができます。しかし、高度なタスクやゲームなどの場合は、より高性能なプロセッサを選ぶべきです。

Rate article
ASKUSDEV