インテル Core i7-4790S:スペック、特徴、価格の完全ガイド

インテル Core i7-4790Sは、高性能なデスクトッププロセッサであり、多くのユーザーに人気です。このプロセッサは、レビューの高評価を受けており、その優れた仕様とパフォーマンスによって、多くのユーザーに愛されています。

このプロセッサの仕様を見てみましょう。インテル Core i7-4790Sは、4つのコアと8つのスレッドを備えています。クロック速度は、最大で4.0 GHzに達し、ベースクロック速度は3.2 GHzです。これにより、高速なデータ処理が可能となります。さらに、ハイパースレッディング技術によって、コアあたり2つのスレッドを処理できるため、マルチタスクをスムーズに実行することができます。

また、インテル Core i7-4790Sは、優れたベンチマークスコアを持っています。多くのテストにおいて、このプロセッサは高いパフォーマンスを発揮し、他の競合製品を凌駕しています。これは、その高いクロック速度や強力なコアのおかげです。

インテル Core i7-4790Sは、2014年にリリースされました。このプロセッサは、LGA 1150ソケットに対応しており、多くのマザーボードで使用することができます。また、このプロセッサは、DDR3 RAMをサポートしており、最大で32 GBまでのRAMを搭載することができます。

最後に、TDP(熱設計電力)についても触れておきましょう。インテル Core i7-4790Sは、最大で65WのTDPを持っています。この低い電力消費量は、省エネ性能を高め、環境に配慮したデスクトップコンピュータを構築することができます。

インテル Core i7-4790Sは、その優れた仕様とパフォーマンス、および手頃な価格によって、多くのユーザーから支持されています。このプロセッサを搭載したデスクトップコンピュータは、高速で強力な処理能力を発揮し、さまざまなタスクを効率的にこなすことができます。

インテル Core i7-4790Sについて知る

レビュー

インテル Core i7-4790Sは、2014年にリリースされたデスクトップ向けのプロセッサです。このプロセッサは、省電力タイプでありながら、高いパフォーマンスを提供します。また、ハイパースレッディング技術を搭載しており、マルチスレッドの処理において優れた性能を発揮します。

仕様

インテル Core i7-4790Sは、4コア8スレッドで動作し、3.2GHzのベースクロックと4GHzのブーストクロックを持っています。これにより、マルチタスキングや高負荷のアプリケーションをスムーズに実行することができます。

ベンチマーク

インテル Core i7-4790Sのベンチマークスコアは非常に高く、一般的なデスクトップアプリケーションやゲームにおいて優れたパフォーマンスを発揮します。マルチスレッドの処理では、他の同世代のプロセッサに比べても優れた結果を示します。

リリース日

インテル Core i7-4790Sは、2014年にリリースされました。その後も長い間市場で活躍しましたが、現在では後継のプロセッサに取って代わられつつあります。

ソケットとマザーボード

インテル Core i7-4790Sは、LGA 1150ソケットを使用しており、対応するマザーボードを選択する必要があります。LGA 1150ソケットに対応したマザーボードであれば、このプロセッサを利用することができます。

RAM

インテル Core i7-4790Sは、DDR3メモリに対応しています。メモリの最大容量は32GBで、最大クロック速度は1600MHzです。

TDP

インテル Core i7-4790SのTDPは、65Wです。省電力タイプのプロセッサであるため、長時間の使用でも発熱を抑えることができます。

最新のインテルプロセッサ

レビュー

最新のインテルプロセッサは、高性能なパフォーマンスと革新的なテクノロジーを提供しています。多くのレビューでは、これらのプロセッサがゲームやビジネスアプリケーションなどのさまざまなタスクにおいて驚異的なパフォーマンスを発揮することが示されています。

仕様

インテルプロセッサの仕様は、高速なクロック速度と多くのコアを特徴としています。これにより、複雑なタスクを迅速かつ効率的に処理することが可能です。また、インテルプロセッサは、省電力性と低い熱設計電力(TDP)を備えており、長時間使用している場合でもエネルギー効率が高くなっています。

ベンチマーク

インテルプロセッサのベンチマークテストは、そのパフォーマンスを定量的に評価するために使用されます。これらのテストでは、プロセッサの実行速度や処理能力、グラフィックスの性能などが測定されます。ベンチマークテストによって、インテルプロセッサが他のプロセッサと比較してどれほど高いパフォーマンスを持っているかが明らかになります。

リリース日

最新のインテルプロセッサのリリース日は、製造元によって決定されます。これらのプロセッサは通常、新しいテクノロジーと機能を採用しており、インテルの最新製品ラインナップの一部として発表されます。

ソケットとマザーボード

インテルプロセッサは、特定のソケットに適したマザーボードに取り付ける必要があります。ソケットはプロセッサとマザーボードの接続を提供し、両者の信号を効果的に伝達する役割を果たします。ソケットとマザーボードの互換性を確認することは重要です。

RAM

インテルプロセッサのパフォーマンスには、RAMの量と速度が重要な役割を果たします。多くのプロセッサは、高速なRAMをサポートすることができ、これによりより高速かつ効果的なデータの読み書きが可能になります。適切なRAMの選択は、インテルプロセッサのパフォーマンスを最大限に引き出すために重要な要素です。

TDP

TDP(熱設計電力)は、プロセッサが発する熱エネルギーの量を表します。低いTDPは、エネルギー効率の高いプロセッサを示しており、より冷却の必要性が低くなります。インテルプロセッサのTDPは、省エネルギー性と高いパフォーマンスの両方を実現するために最適化されています。

要素 説明
レビュー 高パフォーマンス
仕様 高速クロック、多数のコア
ベンチマーク 性能評価
リリース日 製造元の決定
ソケットとマザーボード 互換性
RAM 量と速度
TDP 省電力性
  • 最新のインテルプロセッサは高性能である
  • 複数の仕様がある
  • ベンチマークテストが行われる
  • リリース日は製造元によって決定される
  • ソケットとマザーボードの互換性を確認することが重要
  • RAMの量と速度はパフォーマンスに影響する
  • TDPはエネルギー効率を示す

スペックと性能の特徴

レビュー

インテル Core i7-4790Sは、高いクロックスピードと強力なパフォーマンスを備えたデスクトッププロセッサです。パソコンの使用用途によっては、高度なタスクやマルチタスキングにも対応しています。

仕様

インテル Core i7-4790Sは、4コア8スレッドのプロセッサであり、基本クロックスピードは3.2 GHzです。ターボブーストテクノロジーにより、最大で4.0 GHzのクロックスピードにまでスピードアップすることが可能です。このプロセッサは、22nmの製造プロセスで作られており、LGA 1150ソケットに対応しています。

ベンチマーク

インテル Core i7-4790Sは、ベンチマークテストにおいて非常に良好な結果を示しています。このプロセッサは、高いシングルスレッドパフォーマンスとマルチスレッドパフォーマンスを備えており、ゲームやビジネスアプリケーションなどのさまざまなタスクに向いています。

リリース日

インテル Core i7-4790Sは、2014年6月にリリースされました。このプロセッサは、それ以降も人気が高く、多くのユーザーによって使用されています。

ソケットとマザーボード

インテル Core i7-4790Sは、LGA 1150ソケットに対応しています。このため、対応するマザーボードを使用する必要があります。マザーボードには、DDR3 RAMスロットやPCI Expressスロットなどの拡張スロットも搭載されています。

RAM

インテル Core i7-4790Sは、DDR3 RAMに対応しています。最大サポート容量は32GBです。RAMの速度は、マザーボードの仕様によって異なりますが、最大でDDR3-1600まで対応しています。

TDP

インテル Core i7-4790SのTDP(熱設計電力)は、最大で65Wです。これにより、低消費電力でありながら高いパフォーマンスを実現しています。また、このプロセッサは低発熱性を持ちながらも、高い安定性を保つことができます。

エネルギー効率の向上

「インテル Core i7-4790S」は、エネルギー効率の向上が特徴の一つです。このプロセッサは、高い性能を提供しながらも、消費電力を抑えることができます。

このプロセッサのレビューやベンチマークテストによると、「インテル Core i7-4790S」は、省電力モードでの動作時に最大で65ワットの消費電力を持ちます。そのため、エネルギーコストを抑えることができるほか、環境にもやさしいです。

仕様上の特徴としては、このプロセッサは4コア8スレッドを持ち、ハイパースレッディング技術により、マルチスレッドのタスク処理に優れた性能を発揮します。また、最大ターボブーストクロックは4.0GHzであり、高いクロック速度を持つことも特徴の一つです。

リリース日は、2014年第2四半期であり、数年が経過した現在でも、なお多くのユーザーによって使用されています。

ソケットはLGA 1150であり、対応するマザーボードを選ぶ際に注意が必要です。また、RAMの対応規格はDDR3-1600です。

「インテル Core i7-4790S」のTDP(熱設計電力)は、最大65ワットとなっており、省電力性も高いため、長時間の使用やオーバークロックによる発熱にも安定して対応することができます。

価格とパフォーマンスのバランス

インテル Core i7-4790Sは、その価格とパフォーマンスのバランスで広く注目されています。以下では、このプロセッサの詳細なレビューや仕様、ベンチマーク結果について説明します。

仕様

Core i7-4790Sは、インテルの4世代目のCore i7プロセッサであり、2014年にリリースされました。このプロセッサは、22nmプロセス技術を採用しており、4つの物理的なコアと8つのスレッドを持っています。ベースクロックは3.2GHzであり、ターボブースト機能を利用することで最大4.0GHzまでクロックを上げることができます。

また、Core i7-4790SはLGA1150ソケットに対応しており、DDR3 RAMをサポートしています。TDP(熱設計電力)は65Wであり、エネルギー効率に優れています。

ベンチマーク結果

Core i7-4790Sのベンチマーク結果は非常に高いパフォーマンスを示しています。多くのテストで、このプロセッサは高いクロック速度と強力なマルチスレッド処理能力を発揮しています。特に、画像編集や動画編集などのグラフィックス重視のタスクにおいて優れたパフォーマンスを発揮します。

価格

Core i7-4790Sの価格は、その高いパフォーマンスに対して比較的手頃です。中古市場では比較的安価に入手することができるため、予算が限られているユーザーにとって魅力的な選択肢となります。

ただし、このプロセッサは旧世代の製品であり、現在の最新のプロセッサと比較すると一部の面で劣っている可能性があります。そのため、最新のソフトウェアやゲームを使用する場合は、性能の要件に合わせて検討する必要があります。

まとめ

インテル Core i7-4790Sは、その価格とパフォーマンスのバランスにより、多くのユーザーにとって魅力的な選択肢となっています。強力な処理能力と相対的に低い価格を持つこのプロセッサは、仕事や娯楽の両方の用途に適しています。

ただし、最新のプロセッサとの比較や将来性を考慮する必要があります。また、使用するマザーボードやRAMなどの周辺機器との互換性も確認する必要があります。以上の点を踏まえながら、自身のニーズに合ったプロセッサを選択することが重要です。

利用シーンとオススメの用途

レビューと仕様

インテル Core i7-4790Sは、高性能を誇る第4世代のインテル Core i7プロセッサです。このプロセッサは、デスクトップ向けに開発されており、優れたパフォーマンスと高い省電力性能を提供します。

インテル Core i7-4790Sの仕様には、4コアと8スレッド、基本となるクロック速度3.2GHz、最大クロック速度4GHzが含まれています。このプロセッサは、22nmの製造プロセスで作られており、インテルのハイパースレッディング技術やターボブーストテクノロジーも搭載しています。

ベンチマーク結果

インテル Core i7-4790Sは、一般的なデスクトップパフォーマンスにおいて優れた性能を発揮します。ベンチマークテストでは、高いマルチスレッドパフォーマンスと処理能力を実現しています。

このプロセッサは、マルチタスキングやゲームプレイ、ビデオエディティング、3Dグラフィックスなど、高性能が求められるさまざまな用途に適しています。

オススメの用途

インテル Core i7-4790Sは、その高い処理能力と省電力性能から、さまざまな利用シーンでオススメです。以下は、このプロセッサの最適な用途のいくつかです。

  • ゲーミング: インテル Core i7-4790Sは、高いクロック速度と処理能力を備えているため、最新のゲームをスムーズかつ快適にプレイすることができます。
  • マルチタスキング: 4コアと8スレッドを持つこのプロセッサは、複数のタスクを同時に実行する場合に最適です。ウェブブラウジング、メディア再生、データ処理など、複数のアプリケーションを同時に使用する際に高いパフォーマンスを発揮します。
  • ビデオエディティング: インテル Core i7-4790Sは、ビデオエディティングなどのメディア作成作業にも適しています。高い処理能力とマルチスレッド性能によって、高解像度のビデオ編集やエフェクトの追加などのタスクをスムーズに処理することができます。

以上の用途において、インテル Core i7-4790Sは優れたパフォーマンスを発揮し、高いクオリティのユーザーエクスペリエンスを提供します。

質問への回答

インテル Core i7-4790Sのスペックはどうですか?

インテル Core i7-4790Sは、4コアと8スレッドを持ち、最大動作クロックは3.2GHzです。また、6MBのキャッシュメモリと22nmの製造プロセスを備えています。

インテル Core i7-4790Sの特徴は何ですか?

インテル Core i7-4790Sの特徴の一つは、省電力性能が優れていることです。そのため、エネルギー効率の良いパソコンシステムを構築することができます。また、拡張性にも優れており、さまざまなハードウェアとの互換性を持っています。

インテル Core i7-4790Sの価格はいくらですか?

インテル Core i7-4790Sの価格は、おおよそ30000円から40000円程度です。ただし、店舗や販売時期によって異なる可能性がありますので、最新情報を確認することをおすすめします。

インテル Core i7-4790Sはどのような用途に向いていますか?

インテル Core i7-4790Sは、マルチタスクやビデオ編集など、高負荷のタスクをこなすのに適しています。また、省電力性能が高いため、長時間稼働するパソコンシステムにも最適です。

インテル Core i7-4790Sと他のプロセッサを比較するとどうですか?

インテル Core i7-4790Sは、同じ第4世代のインテル Core i7シリーズと比較すると、クロック数がやや低いですが、省電力性能が高いことが特徴です。他のプロセッサと比較すると、性能は高い方ですが、最新世代のプロセッサと比べるとやや劣っています。

インテル Core i7-4790Sはオーバークロックできますか?

インテル Core i7-4790Sは、デフォルトでロックがかかっており、オーバークロックはできません。オーバークロックを行いたい場合は、別のプロセッサを選ぶ必要があります。

インテル Core i7-4790Sの温度はどのくらいですか?

インテル Core i7-4790Sの最大動作温度は、おおよそ71°Cです。通常の使用状況ではこの温度を超えることはありませんが、過度な負荷をかけると温度が上昇する可能性があるため、冷却対策には注意が必要です。

インテル Core i7-4790Sはどのようなマザーボードに対応していますか?

インテル Core i7-4790Sは、4コア8スレッドのプロセッサで、クロック速度は3.2GHzから4GHzまで調整可能です。さらに、最大ターボブーストクロックは、1コアあたり4.4GHzにもなります。このプロセッサは、22nmの製造プロセスで作られており、LGA 1150ソケットに対応しています。また、Intel Hyper-Threadingテクノロジーを搭載しており、マルチスレッドアプリケーションの処理能力を向上させます。さらに、統合グラフィックスを備えているため、独自のグラフィックスカードを必要とせずに、高品質のグラフィックスを提供します。

インテル Core i7-4790Sの価格はどれくらいですか?

インテル Core i7-4790Sは、中古市場で約3万円から5万円の範囲で購入することができます。ただし、価格は需要と供給によって変動するため、正確な価格を確認するためには販売元やオンラインショッピングサイトで確認することがおすすめです。

インテル Core i7-4790Sはどのような用途に適していますか?

インテル Core i7-4790Sは、高性能のプロセッサであり、主にハイエンドなゲーミングPCやビデオ編集用途、CADデザインなどの高負荷な作業に適しています。また、多くのマルチスレッドアプリケーションや仮想化環境でも優れたパフォーマンスを発揮します。一方で、一般的なオフィスワークやウェブブラウジングなどの軽い作業には、性能の高さから見るとやや過剰な部分もあります。

インテル Core i7-4790Sと同等の性能を持つ他のプロセッサはありますか?

インテル Core i7-4790Sは、4世代前のプロセッサであり、現在のラインナップと比べるとやや古いものです。現在のプロセッサで同等の性能を持つものとしては、インテル Core i7-6700Kやインテル Core i7-7700Kなどがあります。これらのプロセッサは、最新のテクノロジーを搭載しており、より高速かつ効率的な処理が可能です。

Rate article
ASKUSDEV