インテル Core i5-4460S:性能、仕様、価格のレビュー

このレビューでは、インテルのCore i5-4460Sプロセッサについて詳しく説明します。Core i5-4460Sは、パフォーマンスとエネルギー効率のバランスが取れたモバイル向けプロセッサです。その仕様や性能、価格などについて検証し、今後の選択の一助になる情報を提供します。

Core i5-4460Sの仕様については、クアッドコアのプロセッサであり、ベースクロックは2.9GHz、最大ターボブーストクロックは3.4GHzです。このプロセッサは22nmプロセス技術で製造されており、1150ソケットに対応しています。また、TDP(熱設計電力)は65Wとなっています。これにより、エネルギー効率を確保しながらも十分なパフォーマンスを発揮することができます。

ベンチマークテストによると、Core i5-4460Sは一般的なタスクにおいて優れたパフォーマンスを発揮します。さまざまなアプリケーションの実行やマルチタスクにおいてもスムーズな動作が期待できます。さらに、グラフィックス性能も向上しており、高画質の動画再生や一部のゲームにも対応しています。

Core i5-4460Sは、2014年にリリースされました。その当時、モバイル向けのプロセッサとしては高性能な部類に入るものでした。しかし、最新のテクノロジーと比較すると、やや古いものとなっています。

Core i5-4460Sは、マザーボードとの互換性も考慮する必要があります。このプロセッサはLGA 1150ソケットを使用しており、DDR3 RAMに対応しています。マザーボードを選ぶ際には、これらの要件に注意してください。

また、価格についても触れておきましょう。Core i5-4460Sは中古市場で入手可能であり、比較的低価格で購入することができます。性能とコストのバランスを重視する場合には、おすすめの選択肢と言えるでしょう。

性能・仕様のレビュー

仕様

インテル Core i5-4460S は、インテルが製造・販売しているデスクトップ向けのプロセッサです。以下は、主な仕様です。

  • ベースクロック速度:2.9 GHz
  • 最大クロック速度:3.4 GHz
  • コア数:4
  • スレッド数:4
  • リリース日:2014年2月
  • ソケット:LGA1150
  • 製造プロセス:22 nm
  • TDP:65 W

性能

Core i5-4460S は、十分な性能を持つ中級クラスのプロセッサです。以下は、ベンチマーク結果に基づいた性能評価です。

ベンチマーク スコア
Cinebench R15 (シングルコア) 150
Cinebench R15 (マルチコア) 600
Geekbench 4 (シングルコア) 2700
Geekbench 4 (マルチコア) 8000

これらのベンチマーク結果からわかるように、Core i5-4460S は一般的なデスクトップパフォーマンスにおいては十分な性能を発揮します。

インテル Core i5-4460Sのパフォーマンス

レビュー

インテル Core i5-4460Sは、2014年にリリースされた第4世代のインテル Core i5プロセッサーの1つです。このプロセッサーは、省電力モデルであり、TDP(熱設計電力)は65Wです。そのため、省エネルギーで冷却がしやすく、低電力モードのパフォーマンスも優れています。

仕様

ソケット LGA1150
コア数/スレッド数 4コア/4スレッド
ベースクロック 2.90GHz
最大ターボブーストクロック 3.40GHz
キャッシュ 6MB

ベンチマーク

インテル Core i5-4460Sは、一般的なデイリータスクから軽度のゲーミングまでの幅広い用途で高いパフォーマンスを発揮します。このプロセッサーは、マルチスレッドの処理においても優れた性能を持ち、応答性の高いシステムを実現します。また、6MBのキャッシュメモリも、データアクセスの高速化に貢献します。

リリース日

インテル Core i5-4460Sは2014年にリリースされました。その後も長い間、多くのユーザーによって使用され続けています。

互換性

インテル Core i5-4460SはLGA1150ソケットを使用しており、対応するマザーボードが必要です。また、RAMの互換性も確認する必要があります。そのため、アップグレードや新しいシステムの構築を検討する際には、互換性の確認が重要です。

インテル Core i5-4460Sの特徴

  • レビュー: インテル Core i5-4460Sは、優れたパフォーマンスと省電力性能を備えています。その性能により、一般的なコンピューティングタスクやマルチタスキングに十分な速度で対応することができます。
  • 仕様: Core i5-4460Sは4つのコアと4つのスレッドを持ち、基本クロック速度が2.9GHzです。ターボブースト技術により最大3.4GHzまでオーバークロックされることがあります。リリースされたのは2014年で、22nmの製造プロセスを採用しています。
  • ベンチマーク: Core i5-4460Sは一般的なベンチマークで高いスコアを叩き出します。マルチスレッドのタスクにおいても高パフォーマンスを発揮し、ゲームやビデオエディティングなどの応用にも適しています。
  • リリース日: インテル Core i5-4460Sは2014年にリリースされました。
  • ソケット: Core i5-4460SはLGA 1150ソケットに対応しており、対応するマザーボードと互換性があります。
  • マザーボード: このプロセッサを正常に動作させるためには、LGA 1150ソケットに対応するマザーボードが必要です。
  • RAM: Core i5-4460SはDDR3メモリに対応しています。最大で32GBまでのRAMを搭載することができます。
  • TDP: Core i5-4460SのTDPは65Wです。省電力性能が高いため、低消費電力のシステムに最適です。

インテル Core i5-4460Sの仕様

レビュー

インテル Core i5-4460Sは、2014年にリリースされたパフォーマンス向上型のデスクトッププロセッサです。同社の第4世代のIntel Coreプロセッサファミリーに属しています。

仕様

  • ソケット: LGA 1150
  • コア数: 4
  • スレッド数: 4
  • 基本クロック速度: 2.9 GHz
  • 最大ターボブーストクロック速度: 3.4 GHz
  • キャッシュ容量: 6 MB
  • メモリタイプ: DDR3
  • 最大メモリバンド幅: 25.6 GB/s
  • TDP(熱設計電力): 65 W

ベンチマーク

インテル Core i5-4460Sは、一般的なデスクトップタスクやマルチタスキングに適したプロセッサです。同じ世代の他のCore i5プロセッサと比較して、優れたパフォーマンスが得られます。しかし、最新のCPUと比較すると、性能面ではやや劣ります。

リリース日

インテル Core i5-4460Sは、2014年にリリースされました。

対応マザーボード

インテル Core i5-4460Sは、LGA 1150ソケットを使用しており、第4世代のIntel Coreプロセッサに対応したマザーボードが必要です。

対応RAM

インテル Core i5-4460Sは、DDR3メモリをサポートしています。メモリの最大バンド幅は25.6 GB/sです。

TDP(熱設計電力)

インテル Core i5-4460SのTDPは65 Wです。低消費電力でありながら、十分なパフォーマンスを発揮します。

インテル Core i5-4460Sの価格

インテル Core i5-4460Sは、性能と省電力性をバランスよく備えたプロセッサです。その価格は、以下の要素によって決まります。

レビュー

インテル Core i5-4460Sは、多くのレビューサイトでテストされています。これらのレビューは、パフォーマンスや省電力性などの重要な情報を提供しており、購入の際に参考にすることができます。

仕様

インテル Core i5-4460Sの仕様は、クロック速度やキャッシュサイズ、コア数などのパフォーマンスに関する詳細な情報を提供しています。これらの仕様によって価格が決まることがあります。

ベンチマーク

インテル Core i5-4460Sのベンチマーク結果も価格に影響を与えます。ベンチマーク結果は、プロセッサの性能を客観的に評価するための重要な指標です。

リリース日

発売から時間が経過すると、価格は通常下がっていきます。インテル Core i5-4460Sのリリース日によっても価格が変動することがあります。

ソケット

インテル Core i5-4460Sは特定のソケットに対応しています。マザーボードのソケットに合わせて、価格が変動することがあります。

マザーボード

マザーボードの互換性も価格に影響を与える要素です。互換性のあるマザーボードが少ない場合、価格が上がることがあります。

RAM

インテル Core i5-4460Sは、特定の種類のRAMメモリと互換性があります。互換性のあるRAMメモリの価格も価格に影響を与えることがあります。

TDP

インテル Core i5-4460SのTDP(熱設計電力)は、プロセッサの消費電力を示します。消費電力が低いほど省エネであるため、価格も低くなることがあります。

これらの要素は、インテル Core i5-4460Sの価格に影響を与える要素です。正確な価格を確認するには、販売業者やオンラインストアのウェブサイトを参照することをおすすめします。

インテル Core i5-4460Sの他のオプション

レビュー

インテル Core i5-4460Sは、高い性能とエネルギー効率を兼ね備えたプロセッサです。多くのレビューでは、その性能が評価されています。

仕様

インテル Core i5-4460Sは、4コアと4スレッドを持ち、最大ブーストクロックは3.4 GHzです。また、キャッシュサイズは6 MBで、ハイパースレッディングやターボブーストテクノロジーは搭載されていません。

ベンチマーク

インテル Core i5-4460Sのベンチマークテストでは、一般的なデスクトップタスクにおいて非常に良いパフォーマンスを発揮します。また、ゲームのプレイや動画編集などの応用でも優れた結果を出すことができます。

リリース日

インテル Core i5-4460Sは、2014年5月にリリースされました。

ソケット

インテル Core i5-4460Sは、LGA 1150ソケットに対応しています。そのため、対応するマザーボードを選ぶ際には、ソケットの互換性に注意が必要です。

マザーボード

インテル Core i5-4460Sは、LGA 1150ソケットを搭載したマザーボードと互換性があります。有名なメーカーのマザーボードなど、さまざまなオプションが存在します。

RAM

インテル Core i5-4460Sは、DDR3メモリをサポートしています。最大容量は32 GBです。適切なメモリの選択は、システムのパフォーマンス向上に重要です。

TDP

インテル Core i5-4460SのTDP(熱設計電力)は65Wです。低い消費電力と高いエネルギー効率を持つため、省電力型のシステムに適しています。

質問への回答

インテル Core i5-4460Sの性能はどうですか?

インテル Core i5-4460Sは4コアプロセッサであり、ベースクロックは2.9GHzです。シングルコア性能は高く、マルチスレッドパフォーマンスも優れています。通常のデスクトップタスクには十分な性能を持っていますが、重いタスクやゲーミングなど、より要求の高い作業には限定されています。

インテル Core i5-4460Sの仕様はどうなっていますか?

インテル Core i5-4460Sは4コア4スレッドのプロセッサであり、ベースクロックは2.9GHz、ターボブーストクロックは3.4GHzです。TDPは最大65Wであり、オンボードグラフィックスとしてIntel HD Graphics 4600を搭載しています。メモリのサポートはDDR3-1333/1600で、最大メモリバンド幅は25.6GB/sです。

インテル Core i5-4460Sはどんな価格帯ですか?

現在の市場価格では、インテル Core i5-4460Sは中程度の価格帯に位置しています。価格は販売元や地域によって異なる場合がありますが、おおよそ200~300ドルの間で購入することができます。

インテル Core i5-4460Sはどんな用途に適していますか?

インテル Core i5-4460Sは通常のデスクトップタスクに適しています。ウェブブラウジング、オフィス作業、マルチメディアの視聴など、一般的な作業には十分な性能を持っています。ただし、重いタスクやゲーミングなど、より要求の高い作業には限定されています。

インテル Core i5-4460Sの消費電力はどれくらいですか?

インテル Core i5-4460Sの消費電力、またはTDPは最大で65Wです。これは非常に効率的なプロセッサであり、省エネ性が高いため、デスクトップコンピューターの電力使用量を抑えることができます。

インテル Core i5-4460Sはオーバークロックできますか?

インテル Core i5-4460Sはロックされたプロセッサであるため、オーバークロックはできません。ベースクロックとターボブーストクロックは固定されており、変更することはできません。オーバークロックを必要とする場合は、他のプロセッサを検討する必要があります。

Rate article
ASKUSDEV