インテル Core i5-3320Mの特徴と性能について紹介

インテル Core i5-3320Mは、インテルの第3世代のプロセッサであり、ノートパソコンやモバイルデバイス向けに開発されました。このプロセッサは2012年にリリースされ、多くのユーザーから高い評価を受けています。

Core i5-3320Mの主な特徴は、クロック速度とマルチスレッド性能にあります。このプロセッサは2つの物理コアを備えており、4つのスレッドを同時に処理することができます。クロック速度は2.6 GHzから3.3 GHzまで可変であり、タスクの要求に応じて自動的に調整されます。

このプロセッサは、さまざまなタスクに対して高いパフォーマンスを発揮します。ビジネスアプリケーションやウェブサイトの閲覧などの基本的なタスクから、写真や動画の編集、複数のタスクの同時処理まで、幅広い用途に対応しています。

Core i5-3320Mの仕様には、ソケット、マザーボードの互換性、RAMの最大サポート容量、TDP(熱設計電力)などが含まれます。ソケットは、PGA988と呼ばれるものであり、一部のマザーボードとの互換性があります。最大サポート容量は32GBのRAMであり、高速で効率的なデータ処理が可能です。TDPは35Wであり、省電力性も備えています。

ベンチマークテストによると、Core i5-3320Mは優れた性能を発揮しています。シングルスレッド性能やマルチスレッド性能が高く、一般的なタスクにおいてスムーズなパフォーマンスを提供します。また、省電力性も高いため、バッテリーの持続時間を延ばすことができます。

インテル Core i5-3320Mは、優れた性能と省電力性を備えたプロセッサです。さまざまなタスクに対応し、高速かつ効率的な処理を実現します。ノートパソコンやモバイルデバイスのユーザーにとって、優れた選択肢となることでしょう。

インテル Core i5-3320Mのアーキテクチャ

仕様

インテル Core i5-3320Mは、サーバーやノートパソコン向けに開発された第3世代のIntel Coreプロセッサです。このプロセッサは、2つのコアと4つのスレッドを持ち、基本クロック速度は2.6 GHzです。最大ターボブーストクロック速度は3.3 GHzで、3MBのスマートキャッシュを搭載しています。

アーキテクチャ

Core i5-3320Mは、インテルのIvy Bridgeマイクロアーキテクチャに基づいています。このマイクロアーキテクチャは、前のSandy Bridgeに比べて性能と消費電力効率が向上しており、22nmのプロセス技術を採用しています。

レビューとベンチマーク

Core i5-3320Mは、多くのノートパソコンで使用されてきたため、多くのレビューやベンチマーク結果が存在します。一般的に、ハイパースレッディングとターボブーストの機能により、グラフィックス処理やマルチタスキングにおいて優れた性能を発揮します。

リリース日

Core i5-3320Mは、2012年2月にリリースされました。

ソケットとマザーボード

このプロセッサは、Socket G2(rPGA988B)ソケットに対応しています。したがって、互換性のあるマザーボードが必要です。

RAM

Core i5-3320MはDDR3メモリをサポートしており、最大16GBまでのRAMを搭載することができます。

TDP

このプロセッサのTDP(サーマルデザインパワー)は35ワットです。したがって、適切な冷却システムが必要です。

インテル Core i5-3320Mのクロック速度

インテル Core i5-3320Mは、インテルの第3世代のCore i5プロセッサーです。これは、ノートパソコン向けに設計されており、パワフルなパフォーマンスとエネルギー効率を提供します。

このプロセッサーのクロック速度は、ベースクロックと最大クロックの2つのモードで動作します。ベースクロックは2.6 GHzであり、通常の使用時にはこの速度で動作します。最大クロックは3.3 GHzであり、必要に応じてターボブースト機能によって自動的に増加します。

クロック速度は、プロセッサーの動作速度を表す重要な指標です。大きな数値ほど高速で動作し、処理能力が向上します。インテル Core i5-3320Mのクロック速度は一般的なタスクにおいて十分な速度を提供し、快適なパフォーマンスを実現します。

このクロック速度は、レビュー、ベンチマーク、仕様などによって評価されます。レビューでは、クロック速度を基準に他のプロセッサーと比較し、パフォーマンスやエネルギー効率を評価します。ベンチマーク結果では、実際の動作テストを通じてクロック速度に基づくパフォーマンス評価が行われます。

インテル Core i5-3320Mは、2012年にリリースされました。このプロセッサーは、PGA988ソケットを使用し、対応するマザーボードに取り付けることができます。また、このプロセッサーはDDR3 RAMに対応しており、高速かつ効率的なデータ処理を可能にします。

さらに、インテル Core i5-3320MのTDP(熱設計電力)は35 Wです。これは、プロセッサーが発する熱量を表し、効率的な冷却システムの必要性を示します。TDPは、パソコンの設計や冷却能力を考慮する際に重要な指標です。

以上がインテル Core i5-3320Mのクロック速度に関する概要です。このプロセッサーの性能は、そのクロック速度によって決まるため、幅広いタスクにおいて高いパフォーマンスを発揮することが期待できます。

インテル Core i5-3320Mのマルチスレッド性能

インテル Core i5-3320Mは、インテルの第3世代Ivy Bridgeプロセッサファミリーに属しています。このプロセッサはパフォーマンスと省電力性を兼ね備えており、ビジネスユーザーに非常に人気があります。

仕様

  • コア数: 2
  • スレッド数: 4
  • ベースクロック: 2.6 GHz
  • 最大クロック: 3.3 GHz
  • TDP: 35 ワット
  • 製造プロセス: 22 nm
  • ソケット: PGA988
  • インテグレーテッドグラフィックス: Intel HD Graphics 4000

マルチスレッド性能の評価

インテル Core i5-3320Mのマルチスレッド性能は、ベンチマークテストによって評価されています。以下は、いくつかのベンチマークスコアの例です。

ベンチマーク スコア
Cinebench R15 (マルチスレッド) 305
Geekbench 4 (マルチコア) 7200
Passmark (CPUマルチスレッド) 4400

これらのベンチマークスコアによって、インテル Core i5-3320Mはマルチスレッドアプリケーションでの優れたパフォーマンスを発揮することがわかります。

リリース日と互換性

インテル Core i5-3320Mは2012年にリリースされました。このプロセッサはPGA988ソケットを使用しており、対応するマザーボードと互換性があります。また、DDR3 RAMをサポートしています。

以上が、インテル Core i5-3320Mのマルチスレッド性能についての概要です。このプロセッサは、ビジネスユーザーや一般的なコンピューティングタスクにおいて優れたパフォーマンスを提供することが期待されます。

インテル Core i5-3320Mのグラフィックス性能

インテル Core i5-3320Mは、主にノートパソコンに搭載される第3世代のインテル Core i5プロセッサーです。このプロセッサーは、グラフィックス性能も優れており、多くのユーザーにとって魅力的な選択肢です。

仕様

  • リリース日:2012年第2四半期
  • ソケット:rPGA988B
  • マザーボード:インテル HM76 Express
  • RAM:最大32 GBまでのDDR3
  • TDP:35W

ベンチマーク

インテル Core i5-3320Mのグラフィックス性能は、多くのベンチマークでテストされています。以下に、一部のベンチマーク結果を示します。

ベンチマーク スコア
3DMark 約2,500ポイント
PassMark 約1,500ポイント
Unigine Heaven 約350ポイント

これらのベンチマーク結果は、グラフィックス性能が一般的なタスクや軽度のゲーミングに十分に対応していることを示しています。

インテル Core i5-3320Mは、優れたグラフィックス性能を持ちながらも、省電力性も兼ね備えています。そのため、モバイルユーザーやビジネスユーザーにとって理想的な選択肢となるでしょう。

インテル Core i5-3320Mの消費電力とバッテリー寿命

仕様

  • ベースクロック速度:2.6 GHz
  • 最大ターボクロック速度:3.3 GHz
  • コア数:2
  • スレッド数:4
  • L3キャッシュ:3MB
  • 製造プロセス:22nm
  • ソケット:rPGA988B
  • 最大サポートされるメモリ容量:32GB
  • メモリタイプ:DDR3L 1333/1600
  • TDP(熱設計電力):35W

消費電力とバッテリー寿命のレビュー

インテル Core i5-3320Mは、35Wの低いTDPを持つ、消費電力効率の高いプロセッサです。これにより、ノートパソコンのバッテリー寿命を延ばすことができます。また、ノートパソコンの冷却やエネルギー効率も向上します。

ベンチマーク

Core i5-3320Mのベンチマークテストによると、このプロセッサは優れたパフォーマンスを提供しています。マルチスレッドタスクにも対応し、高速な処理が可能です。さまざまなモバイルアプリケーションやビジネスアプリケーションを効率的に実行することができます。

リリース日

Core i5-3320Mは2012年にリリースされました。その後も広範な製品ラインナップに採用され、幅広いノートパソコンで使用されています。

まとめ

インテル Core i5-3320Mは、低消費電力、バッテリー寿命の延長、高いパフォーマンスを特徴としています。モバイル用途やビジネスアプリケーションにおいて優れた処理能力を発揮し、ノートパソコンの持ち運びや使用時間の増加に役立ちます。さらに、DDR3Lメモリの対応や高速な処理能力により、多くのタスクを効率的に実行することができます。

質問への回答

インテル Core i5-3320Mはどのような特徴を持っていますか?

インテル Core i5-3320Mは、第3世代のインテル Core プロセッサであり、2つのコアと4つのスレッドを持っています。クロック速度は2.6GHzから3.3GHzまで動作し、ターボブーストテクノロジー2.0を搭載しています。また、22nmの製造プロセスを採用し、3MBのスマートキャッシュを備えています。

インテル Core i5-3320Mの性能はどのくらいですか?

インテル Core i5-3320Mは、一般的なオフィス作業やウェブブラウジング、メディア再生などの日常のタスクに十分な性能を持っています。また、軽量な写真編集や動画編集などのクリエイティブな作業にも対応しています。ただし、重いゲームや3Dモデリングなどのより要求の厳しいタスクには向いていません。

インテル Core i5-3320Mはどのような用途に適していますか?

インテル Core i5-3320Mは、ビジネス用途に適しています。オフィスでの作業やプレゼンテーション作成、データ処理などに十分な性能を発揮します。また、ホームエンターテイメントとしても使用することができます。映画や音楽の再生、インターネットの閲覧などを快適に行うことができます。

インテル Core i5-3320Mのバッテリー持続時間はどのくらいですか?

インテル Core i5-3320Mのバッテリー持続時間は、具体的な使用状況に依存します。しかし、一般的なノートパソコンのバッテリー持続時間と比較して、おおよそ5〜6時間程度の利用が可能です。ただし、バッテリーの劣化や使用するアプリケーションによっても異なる場合があります。

インテル Core i5-3320Mの価格帯はどのようなものですか?

インテル Core i5-3320Mは現在では旧世代のプロセッサになりますので、中古市場などでは比較的低価格で入手することができます。具体的な価格は地域や販売元によって異なりますが、おおよそ100〜200ドル程度で購入可能です。

Rate article
ASKUSDEV