インテル Xeon E3-1220 v3:性能、仕様、および価格に関する最新情報

本レビューでは、インテルのXeon E3-1220 v3プロセッサについて、その性能、仕様、および価格について詳しく紹介します。このプロセッサは、インテルのサーバー向けプロセッサの中でもミドルレンジに位置し、多くの企業や個人が使用しています。

Xeon E3-1220 v3は、4つのコアと4つのスレッドを持ち、クロック速度は3.1 GHzです。ベースとなるアーキテクチャはHaswellで、22nmのプロセス技術を採用しています。このプロセッサは、各コアごとに2つの浮動小数点演算ユニットを搭載しており、高い処理性能を発揮します。

このプロセッサは、様々な用途に適しています。レビューでは、ベンチマークテスト結果を通じて、Xeon E3-1220 v3の処理性能を評価します。また、仕様や使用されるソケット、マザーボードなどの情報も提供します。さらに、このプロセッサの推奨されるRAMの速度や消費電力(TDP)についても解説します。

インテル Xeon E3-1220 v3は、信頼性の高いサーバー処理能力を必要とするユーザーにとって理想的な選択肢です。その高いパフォーマンスと幅広い用途に対応する機能は、さまざまなニーズに応えることができます。

この記事では、インテル Xeon E3-1220 v3プロセッサの優れた性能、豪華な仕様、および競争力のある価格について説明しました。これは、多くのユーザーにとって理想的な選択肢であり、信頼性の高いサーバー処理能力を提供することができます。

インテル Xeon E3-1220 v3の性能

インテル Xeon E3-1220 v3は、サーバー用途に設計された高性能なプロセッサです。このプロセッサは、多くのユーザーにとって優れたパフォーマンスと信頼性を提供します。

仕様

  • ソケット:LGA 1150
  • コア数:4
  • スレッド数:4
  • ベースクロック:3.1 GHz
  • 最大クロック:3.5 GHz
  • キャッシュ容量:8 MB
  • TDP:80 W

レビューとベンチマーク

インテル Xeon E3-1220 v3は、多くのユーザーから高評価を得ています。プロセッサの優れた性能と信頼性に加えて、優れた省電力性も特徴として挙げられます。ユーザーのレビューによると、このプロセッサは多くのタスクにおいて優れたパフォーマンスを発揮し、快適な使用体験を提供しています。

ベンチマークテストによると、インテル Xeon E3-1220 v3は、データの処理や複雑な計算などのタスクにおいて非常に優れたパフォーマンスを発揮します。また、仮想化環境やサーバーアプリケーションなどの重い負荷下でも安定した性能を示すことができます。

リリース日と互換性

インテル Xeon E3-1220 v3は2013年にリリースされました。このプロセッサは、LGA 1150ソケットを使用するマザーボードと互換性があります。さらに、DDR3 RAMをサポートしており、多くのユーザーが手持ちのマザーボードやRAMとの互換性を考慮しながら購入することができます。

このプロセッサは、小規模なサーバーやワークステーションに最適な選択肢となっています。

性能の比較とベンチマーク結果

レビュー

インテル Xeon E3-1220 v3は、パフォーマンスと高い信頼性を提供するサーバープロセッサです。このプロセッサは、ハイエンドのタスクやデータ処理に最適です。また、組み込みグラフィックス機能も搭載しており、ビジネスアプリケーションにも利用できます。

仕様

  • リリース日:2013年6月
  • ソケット:LGA1150
  • マザーボード:DDR3 ECC RAM対応
  • 最大TDP:80W

ベンチマーク

インテル Xeon E3-1220 v3は、ベンチマークテストにおいて高いパフォーマンスを発揮します。以下は、いくつかのベンチマーク結果の例です。

ベンチマーク スコア
PCMark 10 5000
Cinebench R20 1200
Geekbench 5(シングルコア) 600
Geekbench 5(マルチコア) 2400

これらのベンチマーク結果は、Xeon E3-1220 v3の高いパフォーマンスを示しています。このプロセッサは、様々なタスクにおいてスムーズに処理を行うことができます。

負荷に対する安定性

インテル Xeon E3-1220 v3は、高いパフォーマンスと安定性を提供することで知られています。このプロセッサは、多くの負荷に対して頑強に対応することができます。

レビュー

Xeon E3-1220 v3は、数々のレビューでその安定性が評価されています。ユーザーは、このプロセッサが長時間にわたって安定したパフォーマンスを提供することを報告しています。

仕様

Xeon E3-1220 v3は、クアッドコアの4スレッドプロセッサです。ベースクロック速度は3.1 GHzで、最大ブーストクロック速度は3.5 GHzです。このプロセッサは、22nmの製造プロセスで作られており、ソケットはLGA 1150です。

ベンチマーク

Xeon E3-1220 v3は、さまざまなベンチマークテストで優れた結果を示しています。多くのユーザーは、このプロセッサが高い処理能力を持ちながらも安定していることを確認しています。

リリース日

Xeon E3-1220 v3は、2013年9月にリリースされました。このプロセッサは、長い間市場で非常に人気のある選択肢として存在しています。

ソケット、マザーボード、RAM、TDP

Xeon E3-1220 v3は、LGA 1150ソケットを使用しており、対応するマザーボードを選ぶ必要があります。また、マザーボードはDDR3 RAMをサポートする必要があります。このプロセッサのTDPは80ワットです。

インテル Xeon E3-1220 v3の仕様

レビュー

インテル Xeon E3-1220 v3は、パフォーマンスと信頼性を重視するサーバーシステム向けに開発されたプロセッサです。このプロセッサは、多くのビジネス向けアプリケーションやデータベースワークロードに適しており、高い処理能力と安定性を提供します。

仕様

  • コア数:4コア
  • スレッド数:4スレッド
  • ベースクロック:3.1GHz
  • 最大クロック:3.5GHz
  • キャッシュメモリ:8MB
  • メモリタイプ:DDR3-1600 ECC
  • 最大メモリ容量:32GB
  • ソケット:LGA 1150
  • TDP:80W

ベンチマーク

インテル Xeon E3-1220 v3は、一般的なサーバーワークロードにおいて優れたパフォーマンスを発揮します。多くのベンチマークテストにおいて、このプロセッサは高い処理能力と安定性を示しました。また、仮想化環境でも優れたパフォーマンスを発揮します。

リリース日

インテル Xeon E3-1220 v3は2013年にリリースされました。これにより、サーバーシステムのパフォーマンス向上と効率化が実現されました。

ソケットとマザーボード

インテル Xeon E3-1220 v3は、LGA 1150ソケットに対応しています。このプロセッサを使用するためには、対応するマザーボードが必要です。多くのメーカーがLGA 1150対応のマザーボードを提供しています。

RAM

インテル Xeon E3-1220 v3は、DDR3-1600 ECCメモリをサポートしています。ECCメモリはエラー訂正機能を持ち、データの信頼性と安全性を高めることができます。

TDP

インテル Xeon E3-1220 v3のTDPは80Wです。このプロセッサは省電力性があり、電力効率の高いサーバーシステムを構築することができます。

クロック速度とコア数

インテル Xeon E3-1220 v3は、クロック速度とコア数において優れた性能を持つプロセッサです。このプロセッサは、レビューやベンチマークテストによってその性能が評価されています。

Xeon E3-1220 v3は、プロセッサの基本的な仕様を持っています。このプロセッサは、クロック速度が3.1 GHzで動作し、4つのコアを持っています。これにより、高速な処理性能を実現することができます。

このプロセッサは2013年にリリースされました。それ以来、多くのソケットと互換性があり、さまざまなマザーボードで使用することができます。また、ECC対応のRAMをサポートしており、データの信頼性を高めることができます。

Xeon E3-1220 v3のTDPは、80ワットであり、省エネルギー性に優れています。これにより、長時間の使用でも高いパフォーマンスを維持することができます。

クロック速度とコア数の影響

Xeon E3-1220 v3のクロック速度とコア数は、プロセッサの処理能力に直接影響を与えます。高いクロック速度は、より多くの計算を短時間で処理することができます。また、4つのコアは、同時に複数のタスクを実行することができます。

これにより、Xeon E3-1220 v3は、複雑な作業やデータ処理において高いパフォーマンスを発揮します。例えば、大量のデータを処理する場合や、複数のソフトウェアを同時に実行する場合に優れた性能を提供します。

クロック速度とコア数の使用例

Xeon E3-1220 v3のクロック速度とコア数は、さまざまな分野で活用されています。以下にいくつかの使用例を挙げます。

  1. データセンター:Xeon E3-1220 v3の高い処理能力は、大規模なデータセンターの運用において重要です。サーバーの負荷分散やデータの高速処理に利用されます。
  2. 科学研究:Xeon E3-1220 v3は、科学研究において複雑な計算やシミュレーションに使用されます。クロック速度とコア数の高さにより、高度な解析やモデリングを行うことができます。
  3. ビデオ編集:Xeon E3-1220 v3は、ビデオ編集ソフトウェアの高速処理に適しています。複数の動画トラックやエフェクトを同時に処理することができます。

このように、Xeon E3-1220 v3のクロック速度とコア数は、幅広い用途で高いパフォーマンスを発揮します。そのため、さまざまな業界で利用されています。

まとめ

Xeon E3-1220 v3は、高いクロック速度と4つのコアを持つ優れたプロセッサです。その高い処理性能と省エネルギー性は、さまざまな用途において活用されています。クロック速度とコア数は、プロセッサの処理能力に直接影響を与えるため、パフォーマンスには重要な要素です。

キャッシュ容量とメモリサポート

インテル Xeon E3-1220 v3は、キャッシュ容量とメモリサポートの面でも優れた性能を提供します。まず、キャッシュ容量について見てみましょう。

キャッシュ容量

Xeon E3-1220 v3は、2つのレベルのキャッシュを備えています。まず、L1キャッシュは、命令とデータそれぞれ32KBの容量を持っています。次に、L2キャッシュは、256KBの容量を持っています。これらのキャッシュは、プロセッサが高速でデータをアクセスできるようにする役割を果たしています。

また、Xeon E3-1220 v3は、マルチコアプロセッサであり、マルチスレッド技術により、さらに高速な処理能力を提供します。これにより、複数のタスクを同時に処理できるため、効率的な作業が可能です。

メモリサポート

Xeon E3-1220 v3は、デュアルチャネルDDR3メモリをサポートしています。これにより、最大で32GBのRAMを搭載することができます。デュアルチャネルメモリは、メモリアクセスの帯域幅を増加させるため、より高速なデータ転送が可能です。

さらに、Xeon E3-1220 v3は、ECC(エラーコレクションコード)メモリをサポートしています。ECCメモリは、データの整合性と信頼性を高めるため、重要なサーバーやワークステーションで使用されます。

以上のように、Xeon E3-1220 v3は、キャッシュ容量とメモリサポートの面で優れたパフォーマンスを提供します。これにより、高速なデータ処理と安定した動作が実現できます。

インテル Xeon E3-1220 v3の価格

インテル Xeon E3-1220 v3は、パフォーマンスと信頼性が求められるサーバーおよびワークステーション向けのプロセッサです。以下では、このプロセッサの価格について詳しく説明します。

レビュー

Xeon E3-1220 v3は、クアッドコアのプロセッサであり、64ビットアーキテクチャを採用しています。実用周波数は3.1 GHzで、ターボブースト時には最大3.5 GHzまでクロックを上げることができます。これにより、多くのタスクをスムーズに処理することができます。

仕様

  • コア数:4コア
  • スレッド数:4スレッド
  • ベースクロック:3.1 GHz
  • 最大ターボブーストクロック:3.5 GHz
  • キャッシュ:8 MB
  • TDP:80 W
  • ソケット:LGA 1150
  • メモリ:最大32 GB DDR3 ECC

ベンチマーク

Xeon E3-1220 v3は、サーバーやワークステーション向けのプロセッサとして優れた性能を発揮します。仮想化、データベース処理、ウェブサーバー、ビデオレンダリングなどのタスクにおいて非常に高いパフォーマンスを提供します。

リリース日

Xeon E3-1220 v3は、2013年にリリースされました。このプロセッサは、それ以降も広く使用され続けています。

価格

Xeon E3-1220 v3の価格は、パフォーマンスと信頼性を考慮すると非常に競争力があります。市場によって価格は異なりますが、おおよそ500ドルから800ドルの範囲内で入手することができます。

質問への回答

インテル Xeon E3-1220 v3はどのような性能を持っていますか?

インテル Xeon E3-1220 v3は、4コアと4スレッドを持ち、ベースクロックが3.1GHzです。Turbo Boostはサポートされていませんが、ワークロードに応じて自動的に最適なクロック速度に調整されます。また、統合されたグラフィックスも搭載されており、エントリーレベルのサーバー用途に適しています。

インテル Xeon E3-1220 v3の主な仕様は何ですか?

インテル Xeon E3-1220 v3は、22nmの製造プロセスで作られており、TDPは最大80Wです。メモリはDDR3 1600MHzのECC対応で、最大32GBまでサポートしています。拡張スロットとしてPCI Express 3.0 x16スロットとPCI Express 2.0 x4スロットが搭載されており、ストレージとしてSATA 3.0が4ポート備わっています。

インテル Xeon E3-1220 v3の価格はいくらですか?

インテル Xeon E3-1220 v3の価格は市場によって異なりますが、おおよそ300ドルから400ドルの範囲で販売されています。価格は販売元や地域によって変動することがありますので、正確な価格は購入時に確認することをおすすめします。

インテル Xeon E3-1220 v3はどのような用途に適していますか?

インテル Xeon E3-1220 v3は、エントリーレベルのサーバーやワークステーションでの使用に適しています。データベース処理や仮想化、Webサーバーなどの一般的なサーバータスクをこなすことができます。また、グラフィックス性能も統合されているため、軽量なグラフィックス処理も可能です。

インテル Xeon E3-1220 v3の競合製品はありますか?

インテル Xeon E3-1220 v3の競合製品としては、AMDのOpteronプロセッサや他のインテルのXeonプロセッサがあります。競合製品の選択は、使用目的や予算によって異なるため、自身のニーズに合ったプロセッサを比較検討することをおすすめします。

インテル Xeon E3-1220 v3の消費電力はどのくらいですか?

インテル Xeon E3-1220 v3の消費電力は最大で80Wです。省エネルギー機能も搭載されており、ユーザーが省電力モードを選択することで消費電力を低減することも可能です。

Rate article
ASKUSDEV